英語の記事一覧

  • 英語にしにくい日本語④「適当に」

    2018年9月24日(月) Good afternoon! 頭の中で日本語を作ってから英語に訳して言うのは、難しいですよね 😐 日本語に文に引っ張られすぎると、出てこない言いまわしも多いからです。 英語を話す時は、できるだけ言いたいことのイメージを英語にする!と良いです。 では、英語にしにくい日本語シリーズの4回目です。   今日の英語にしにくい日本語は… 「適当に過ごす。」 🙂 🙂 🙂 ↓ ↓ ↓ どうでしょう?すぐに英語にできました? ここでの、「適当に」という意味を考えると 「適当なことをして」→「こころの思行くままに」→「好きなことをして」 と言い換えられるかと思います。 ここで、「好きなことをして過ごす」を英語にすると… ↓ ↓ I spend time doing whatever I like.  になります。 whatever =(~する)ことは何でも   では、このへんで。 Have a great day, everyone!

    英語2018/09/24 posted.

  • 英語にしにくい日本語③「家族サービス」

    2018年9月14日(金) Good morning! 頭の中で日本語を作ってから英語に訳して言うのは、難しいですよね 😐 日本語に文に引っ張られすぎると、出てこない言いまわしも多いからです。 英語を話す時は、できるだけ言いたいことのイメージを英語にする!と良いです。 では、英語にしにくい日本語シリーズの3回目です。   今日の英語にしにくい日本語は… 「家族サービスをする。」 🙂 🙂 🙂 ↓ ↓ ↓ どうでしょう?すぐに英語にできました? 「家族にサービスをする」っていうのは、日本特有の表現なので、 英語にする場合は、「家族と一緒に充実した時間を過ごす。」 という風に考えると、英語にしやすいかと思います。 「家族と一緒に充実した時間を過ごす。」を英語にすると… ↓ ↓ I will spend quality time with my family.  になります。   quality = (形)上質の、すばらしい、 quality time = 充実した時間   では、このへんで。 Have a great day, everyone!

    英語2018/09/14 posted.

  • 【仕事で使える英会話】電話をとる

    電話をとったらHello?国際電話だった!…緊張しますね。 でも、言うべきことを覚えていれば大丈夫♪ では、練習していきましょう。 プルルルル ガチャ まず、挨拶をして、会社名を名乗り、自分の名前を名乗り、要件を聞く。 Good morning (Good afternoon etc) , XXX company. This is XX speaking. How may I help you? 「XXさんとお話したいのですが…」や「XXさんいらっしゃいますか。」と聞かれることが多いと思います。 May I speak to Mr. XX?  (XXさんとお話しできますか。)と言われ、名前の部分を聞き逃してしまったら、 Could you say that again? (もう一度言っていただけますか。) と言って、繰り返してもらいましょう。 または、Who would you like to speak to again? (誰とお話しされたいですか。)でもOKです。その時、最後にagainをつけるともう一度言ってほしという意味になります。 ≪Mr.XXへ電話をつなぐ≫ Mr.XX がオフィスにいる場合↓ Sure, let me transfer this call to him. Just hold on, please. (はい、彼にこの電話を転送いたしますので、少々お待ちください。) Mr. XX が席を外している場合↓ I`m sorry but Mr. XX is not at his desk right now.  Would you like to leave a message? (すみませんが、XXは、只今席をはずしております。伝言を残されますか。) Mr.XXがお休みの場合↓ I`m sorry but Mr.XX is out of office today. Would you call him back tomorrow? (すみませんが、XXはオフィスを不在にしています。明日かけなおしていただけますか。) Mr.XXが電話中の場合↓ I`m sorry but his line is busy. Can […]

    英語2018/07/09 posted.

  • 英語にしにくい日本語②「話題の映画」

    2018年6月29日(金) Good morning! 頭の中で日本語を作ってから英語に訳して言うのは、難しいですよね 😐 日本語に文に引っ張られすぎると、出てこない言いまわしも多いからです。 英語を話す時は、できるだけ言いたいことのイメージを英語にする!と良いです。 では、英語にしにくい日本語シリーズの2回目です。   今日の英語にしにくい日本語は… 「話題の映画」 🙂 🙂 🙂 ↓ ↓ ↓ どうでしょう?すぐに英語にできました? そのまま英語にしようとすると難しいので、まず意味を考える必要があります。 「話題」は、topic ですが、ここでの話題は少し違います。 「話題の映画」の「話題の」は、「みんなによく話されている」という意味で考えると文を作り易いです。   形容詞として名詞の前に置く形 a much-talked-about movie または、関係代名詞を使って後ろから説明する形 a movie which everyone is talking about     では、今日はこの辺で。That`s it. Have a great day!

    英語2018/06/29 posted.

  • 英語にしにくい日本語①「こだわりがある」

    2018年6月19日(火) Good morning! 頭の中で日本語を作ってから英語に訳して言うのは、難しいですよね 😐 日本語に文に引っ張られすぎると、出てこない言いまわしも多いからです。 英会を話す時は、できるだけ「言いたいことをそのまま英語にする」努力をした方が、上達できます。 「はじめまして。」と言いたいときに、日本語の文から英語への訳し方を考えずに→会えてうれしい気持ちをそのまま`Nice to meet you.`と言う。そんな感じです。   ということで、英語にしにくい日本語を思いついた時に、紹介していきたいと思います。 今日の英語にしにくい日本語は… 「こだわりがある。」 🙂  🙂 🙂 ↓ ↓ ↓ どうでしょう?すぐに英語にできました? そのまま英語にしようとすると難しいので、まず意味を考える必要があります。 こだわりが強いってことは…好みがうるさいってこと。 好みがうるさいという英語は、picky (形容詞)です。 He is picky. He is picky about food. だと、「彼は、食べ物にうるさい。」 He is picky about his clothes. 「彼は、洋服にこだわりがある。」 pickyは、口語的です。文章で書く時は、pickyの代わりにparticular とするとgoodです。   では、この辺で。That`s it. Have a great day!    

    英語2018/06/19 posted.

  • 【英会話】過去について話す

    2018年6月8日(金) Good morning! 今日は、ワンポイント英会話です。 英語で過去に起こったことについて話したいとき、まず動詞の【過去形】を使う!と思いますが、 その他にも過去を表す方法があります。過去の習慣を表すused to です。 〔used to〕昔(よく)~しました。 過去の習慣を表す時には、これを使うとすっきりします。 発音のポイントは、ユーストゥーのトゥー。ドゥトゥーではないので、注意が必要です。 I used to play tennis when I was a child. (私は子供の頃よくテニスをしました。) I used to ride a bike with my little brother. (私は弟とよく自転車に乗りました。) I used to drink milk every day. (以前は毎日牛乳を飲んでいました。) *used to を使うと、以前はしていたけれど、今はしていないことが伝わります。 また、used to は、動作動詞だけではなく、liveやlikeなどの状態動詞にも使えます。 I used to live in Tokyo. (私は昔東京に住んでいました。) I used to like Pokemon. (私は以前ポケモンが好きでした。) では、問題です。 彼は、以前は私に優しかった(今は優しくない)。 とは英語でどう言うでしょう? ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 答え He used to be nice to me. ポイントは、be動詞を使うことです。 では、この辺で。 Have a great day!

    英語2018/06/08 posted.

  • 関係代名詞

    2018年5月30日(水) Good morning! さてさて、中高でおなじみの関係代名詞のお話です。 関係代名詞…と聞くと、「嫌! 😥 」と思う人もいるかもしれませんが、関係代名詞を使うことで、文章を作るのがとっても楽になるんです! 例えば、「英語のより良い教え方を探している先生は、このセミナーに参加するべきです。」 を英語で言いたいとき、 関係代名詞を使わないと、 “Teachers are looking for the better way to teach English. They should attend this seminar.” のように2つの事柄を2つの文で表さなければならなく、自然ではありません。 そこで、関係代名詞♪ 関係代名詞が先行詞(関係詞により説明される名詞)とその説明文をくっけます。なので例文は、 “Teachers who are looking for the better way to teach English should attend this seminar. ” となります。1文にまとまってすっきりしましたね。 1. I know a girl. 2. The girl likes you a lot. この2文を関係代名詞を使ってくっつけると? ~~~~~~~ I know a girl who likes you a lot. (あなたを大好きな女の子を知ってるよ。) 覚えてしまえば、文章を書くのがぐっと楽になる関係代名詞。マスターしましょっ。 That’s it! Have a wonderful day! 【関係代名詞が学べるコース@インハブ英会話】 中学生STEPコース 中学生JUMPコース 高校生TEAP・英検対策コース 大人準中級コース TOEIC対策コース プライベートレッスン

    レッスン情報, 英語2018/05/30 posted.

  • Please プリーズ

    2018年5月25日(金) Good morning! TGIF! お土産(souvenir)で かわいいクッキーをもらいました。 1つ1つの人型クッキーが胸の前で大きなハートを抱えていて、とってもかわいいです。 その1つ1つに英語で言葉 Thank you – For you- For me – Smile – Please の1つが添えられています。 ここで本題ですが、’Please!‘の意味は?   実は1つではありません。 例えば、日本語学習中の留学生がレストランで水のお替りをもらおうとして ウェートレスさんに、コップを持ち上げて「どうぞ」と言ってしまう。 それは、Please come in. どうぞお入りくださいの「どうぞ」と覚えていたからです。 でも、Please give me . のようなシチュエーションでは「お願いします」や「~してください」という日本語になります。 このように1つの英単語には、2つ以上の意味があることが多いです。 water 【(名詞)水、(動詞)水をあげる】のように同じ単語でも違う品詞の意味があります。 すべての意味を確認しておくと、単語の量がどんどん増えて行きますね♪ That`s it! Have a great day ahead!   

    英語2018/05/25 posted.

  • 駐車場のご案内

    教室の隣に駐車場があります! Parking lots are available!  「英語教室」と書いてある駐車スペースをご利用ください。 Please park your car at the parking spaces indicated as “英語教室”.

    英語2017/03/22 posted.

  • 社会言語学

    最近、社会言語学(sociolinguistics)に興味を持っています。 社会言語学とは、言語を社会的要因との関連で見ようとする言語学の一分野です。 私が特に興味をもっているのは、文化と英語の関係です。 “英語”は、グローバル社会の中で、コミュニケーションをとるためのツールとして使われていますが、国によって使われる単語や表現が違ってきます。そこには、文化的背景や人種、移民の母国語が大きく関わってきています。 例えば、シンガポールに住んでいた頃、同僚に、 “Have you eaten lunch(お昼食べた)?” と聞かれる事が多くありました。 最初の頃は、一緒に食べたかったのかな?と思いながら、「食べたよ。」や「まだ、食べていない。」と答えていたのですが、そのうちに、別に私が食べたか食べてないかを確認したいわけではないと気付きました。 中国語では、「ご飯食べた?」と聞き、相手がちゃんと食べて健康に過ごしているか心配する気持ちを表すそうです。日本で、知り合いに会った時に「元気?」と聞くのと同じような感じですね。 中国系の人が70%を超えるシンガポールでは、英語にも中国語の影響があり、”Have you eaten(食べた)?”と聞く人が多いようです。社会的背景が、その地域の言語にも大きく関わっているのは、本当に面白いことだと思います。 また、以前、インド系の方に“May I ask your good name?”と聞かれたことがあります。good nameと聞かれたのは、その時が初めてだったので、戸惑ってしまいました。インド系の同僚に聞いてみると、丁寧に名前を聞く際に、good nameと言う人がいるとのことでした。詳しいことはわかりませんが、イギリスの植民地時代に関係しているとか。 アメリカの若者によく使われるスラングも一部の社会(グループ)に使われ広まった単語や表現で、社会的要因があるといえます。英語学習者がスラングの意味だけを学び、間違ったシチュエーションで使った場合、うまく伝わらなくなったり、誤解を生む可能性があります。そのため、社会言語学の観点から、使える英語を教えることも大切だと考えています。    

    英語2017/02/18 posted.

International Hub インハブ 英会話

mobile: 090-6146-1787
email: info@intl-hub.net
電話受付 火~土 11:00 ~20:30     
(レッスン中は折り返します)

Follow me on Twitter

Search