今後の小中学校英語教育

今後の小中学校英語教育

文科省が時期学習指導要領の改定案を公表しましたね。

英語教育での大きな動きは・・・

2020年には小学校5、6年生での英語が正式に教科化され、現在の外国語活動に「読む」「書く」が加わる。そして、現在5年生から必修とされている外国語活動が3年生からとなる。

個人的には、小学3年生からの英語開始に賛成です。
「9歳の壁」といわれていますが、9歳〜10歳を過ぎると文法を理論的に理解する力がついてくると同時に、音に対する感性やネイティブの発音ををうまくとらえる力が徐々に失われていきます。また、小学校高学年になると英語を発音するのが恥ずかしがる子もでてくるので、3年生くらいから慣れておくといいかと思います。

中学校では、2021年までに英語の授業を英語で行うことを基本とし、必修単語を1200語程度から1600〜1800程度に増やす。

多人数のクラスで「英語の授業を原則英語で行う」のは、生徒のレベルが違うので難しそうです。何を言っているのかわからなくて、置いてきぼりになる子がいないように、日本語で補足をしながら進んでいくのでしょうか。他の国ではやれているのだから、できないことはないと思いますが、中学校1年生からしっかり全員を乗せて進んでいく必要がありますね。