【言語学習】コミュニケーションのための心がけ

【言語学習】コミュニケーションのための心がけ

高校留学中の日記を読み返していたら、

目標を書いたメモがでてきました。

 

「留学3ヶ月たてば、話せるようになってくる」って聞いていたのに

3ヶ月たってもなかなか話せるようにならなくて

もどかしくって、落ち込んでいた時に書いたメモです。

これらの5つの目標を毎日自分になりに、できたかどうか評価してました。

留学希望の人はもちろんだけれど、言語学習中の人にも

参考にしてもらえると嬉しいです。

 

 

《毎日心がける目標》

1。相手にしっかり伝わるように大きな声で!

英語を話しても、相手に声が届かなくってはもったいない。

発音や単語の使い方が合っているか自信がなくて

小さい声になってしまうのはわかるけれど

とりあえず「届ける」ことが大切です。

 

2。いつもどこでも、話かけることを考える。

いきなり知り合いに会っても、ぱっと英語で質問をするのは難しいので

話しかけることを考えておくのが大切。

朝起きて家を出る前に、昨日のことや、聞きたいことを英語で書いておき

1日ポケットに入れて持ち歩いていました。

これは、かなり役立ちました!

 

3。笑顔で過ごす。

自分を元気にするためにも

話しかけられやすくするためにも

笑顔で過ごすことは大切です。

目が合ったら笑顔で”Hi!” 

 

4。知り合いに会ったら自分から必ず話かける。

アメリカの高校は、教科ごとにクラスがかわるので

ずっと同じ人と一緒にいるのが難しいです。

そのため、知り合いに会ったら、ちゃんと話しかけていないと

だんだん遠い存在に・・・。

私が通っていた高校は、お昼休みも3つの時間に分かれていたので

一緒にランチを食べられない人もいました。

自分から積極的に話して、忘れられないようにすること。

 

5。わからないことは、すぐ聞く。

ちょっとでも聞いて、コミュニケーションをとることは大切。

そうは言っても、私は積極的な性格ではなく、知らない人に聞くのは勇気がいりました。

 

どこに何があるか聞いたり、クラスメイトに授業のことをちょっと聞いたり・・・。

ちょっとでも、「尋ねる」と意識しているだけでも違います。

 

例えば、音楽が流れていたら

「この歌知ってる?」

「この歌好き?」とか。

月曜日だったら

「週末何した?」

「週末楽しいことした?」とか。

 

話すことに慣れるためにも、できるだけ自分から話しかけるよう

心がけることが大切ですね。