TOEIC L&R 受けてみました(2018年9月)

TOEIC L&R 受けてみました(2018年9月)

2018年9月11日

昨日、久しぶりにTOEIC L&R のテストを受けてみました。

緊張感がありました。

 

感想は…とても疲れました。

2時間集中し続けるのは、きついですね。

 

ではまず、リスニングの感想から。

Part1の6問は他のパートと比べると易しいです。

ただ、トリッキーな問題もあるので注意が必要です。

 

一見、選択肢のうち2つ正しいのでは?と思わせる問題があります。

でも、よく聞くと、ちょっと違っている箇所があります。

Part 1は、6問中5問は正解しておきたいパートですね。

 

Part 2 は、問題文も選択肢も書かれていない問題です。

問題文(特に疑問詞)をしっかり聞いて、

頭の中で復唱しながら選択肢を聞いていくといいです。

問題文を復唱していないと、選択肢に時間と場所が出てきたときに、

「あれ?Where っていったっけ?Whenだったっけ?」となりがちなので。

 

Part2は、選択肢が3つというのはありがたいですね。

リスニングで点数を取りやすいのはPart 1・2です。

ここまでで、できるだけ稼いでおきましょう♪

Part2がPart3・4より難しいと感じる方もいるようです。

 

Part2は、どれだけ英語環境に慣れているかだと思うので

映画やドラマを見て「こうゆう状況のときにこのセリフを使う」

ということを知ると、もっと解きやすくなります。

どんな状況でこの会話がされているのかが想像できるといいですね。

 

Part3・4の問題は少しレベルが上がります。

先に設問を3つサッと呼んでおくのがポイントです。

選択肢を読んでしまうと、頭の中がややこしくなる可能性があるので、

お勧めしません。

設問だけ読んで、何が聞くポイントなのかをさっと頭に入れてから

(個人的には)目を閉じて聞くと良いです。

 

私の場合、目を開けていると見えてくるものによって邪魔される恐れがある(他の事を考えてしまう…)ので、目を閉じています。

もちろん、表や地図を使った問題の場合は

表や地図をじっと見ながら聞きます。

 

初級~準中級の方は、選択肢を見ながら会話を聞き、1つの会話につき3問中2問正解できるようにしていくと良いかと思います。

 

Part5は、リスニングが終了したばかりで疲れていると思いますが

高得点を狙う場合は、急いで取り掛かる必要があります。

時間が足りなくなるので、時間をとらずにできるだけ、急いで答えるようにしましょう。

 

スコア600点くらいを目標としている方は、Part5、6はPart7よりも点数が取りやすいので、

急がずしっかりとっていきましょう。

 

Part7は…問題数が多いです。

そして、時間も無くなってきて焦ります。焦りとの戦いです。

ゆっくり読めばできるのに…。

けれど、焦って読むと全然内容が頭に入ってこない。

日頃から速読の練習をして読む力を鍛えておく必要がありますね。

速読し、かつ内容をしっかり理解する…。

長い文章は段落ごとに何が書かれているかを読み取り

質問を読んで答えを導き出すと時短に繋がりますね。

 

頑張りましょう!

 

今日はここまでです。

Have a great day ahead!

 

[mailerlite_form form_id=1]