【中級】something vs anything どっちを使う?

【中級】something vs anything どっちを使う?

something: (肯定文の)何か
anything: (否定文&疑問文の)何か

と、中学校で習ったのを覚えている方も多いかもしれません。

例↓

I need something. (私は)何かが必要です。

Do you need anything? (あなたは)何かが必要ですか?

I don’t need anything. (私は)何も必要ありません。

【会話で使う場合の例】

I was going to buy something…. What was it?
何かを買うつもりだったんだけど…なんだっけ?

I am going to a convenience store. Do you need anything?
コンビニに行くけど、何か必要?

I don’t remember anything.
何も覚えてない。

ここまでは、OKですね😊😊

ただ…疑問文でも、何かをオファーする時には、something になったり、肯定文でも、言いたいことによっては、anythingになったりします。

では、これらは↓どうでしょう?考えてみましょう✨✨

●( )にsomething かanything を入れてみてください。

①何か冷たい飲みものはいかがですか?

Would you like ( ) cold to drink?

②何でも食べられます。

I can eat ( ).

③何かを食べたいです。

I want to eat ( ).

④何か私に(お手伝い)できることはありますか?

Is there ( ) I can do for you?

⑤あなたのためなら、何でもできます。

I can do ( ) for you.

⑥あなた(何か)言うことがあります。

I have ( ) to tell you.

⑦私はあなたの味方だよ。なんでも言ってね。

I am on your side. You can tell me ( ).

⑧なんで黙ってるの?何か言ってよ。

Why are you being so quiet? Say ( ).


**************************************

**************************************

**************************************

① Would you like something cold to drink?

② I can eat anything.

③ I want to eat something.

④ Is there anything I can do for you?

*something でもOKですが、「何か」の範囲が狭くなります。

⑤ I can do anything for you.

*something でもOKですが、「何か」が浮かんでいるイメージ。

⑥ I have something to tell you.

⑦ I am on your side. You can tell me anything.

⑧ Say something.

*「何でもいいから言って」と言いたいときには、Say anything. と言えます。

Something ⇒ 狭い範囲 (何か:漠然とイメージするものがある)

Anything⇒広い範囲 (何でも:特にイメージするものがない)

少しでもこの2つの単語のニュアンスの違いがつかめてもらえたら嬉しいです😊