【英語 | 初級】一般的な人々を表す《YOU》 の使い方

【英語 | 初級】一般的な人々を表す《YOU》 の使い方

今回のテーマ: 一般的な人々を表す《YOU》 の使い方

 

日本語では一般的なことを言うときには、あまり主語を使いませんが

英語では、必ず主語がなくてはいけません。

 

例えば…

「日本では電車の中で電話をしてはいけません。」

と言いたい時、英語の主語は「you」 が使えます。

 

youと言っても、「あなた」だけに言っているわけではなく

相手を含む人々を指しています。

⇒ In Japan, you cannot talk on the phone on the train.

 

それでは、これはどうでしょう?

「公共の場所は、きれいに使うべきです。」

⇒You should use public space nicely.

*youを使ってこのように表すことができます。

 

~~~~~~

【they とwe を主語にする】

例えば…

生徒達について書いているときには

「彼らは」ということで「they」 を主語にできます。

(例)They should study hard.

 

また、自分も含めて書きたい場合、「私達は、」ということでweを主語にします。

(例)We should keep the ocean clean.

 

㌽ youを主語にして書いている場合はyouにそろえます。

また、(生徒達や人々の意味で)they を主語にする場合には、

主語をtheyでそろえましょう!

 

 

以上です。