シンガポール旅行英語①~空港からのタクシー編~

シンガポール旅行英語①~空港からのタクシー編~

友達の結婚式に出席するため、2年ぶりにシンガポールに行ってきました。今回の旅行を思い出しながら、シンガポール旅行で使える英語を紹介していきたいと思います♪


今回は、夜到着の便だったので、到着してすぐにタクシーに乗りました。

まず、タクシー乗り場(a taxi stand)を探します。空港のタクシー乗り場は、いつも長い列(a long queue)ですが、流れがはやいので問題ないです。

タクシーも次から次へと来ます。タクシー乗り場のスタッフの人が、”Who wants a big cab, a maxi cab? “と並んでいる人々に声をかけていました。

Maxi cabは、大きめのタクシーで金額も割高なので人数が少ない人は乗りたがりません。なので、Maxi cabに乗りたい人は、列を飛び越えて乗車できます😊

自分の番になると、タクシー乗り場のスタッフの方に、“number 3″ などと、タクシーの止まっている番号を言われるので、言われた番号のところへ行き、タクシーに乗ります。もちろん、ドアは手動です。

“Where are you going?” などと聞かれると思いますが、聞かれなかったら自分から、目的地を伝えましょう。

“Please go to ABC hotel.” や” ABC hotel”と言えばOKです。うまく伝わるか心配なときは、ホテル名と住所を書いた紙やスマホ画面を見せると確実ですね。

シンガポールも他のアジアの国々と同じようにタクシーのスピードが速いので、シートベルトをしておきましょう😊

たまに、“How do you want to go?” “Which way do you want to take?”などと聞かれることがあります。これらは、「どの道を通っていきますか。」ということで、道がわからないときは、“Up to you.(あなたに任せます。)” や“I have no idea.(わかりません。)”などと言えばOKです。

シンガポールの場合、特別なことをしてもらわない限り、特にチップはいりません。レシートが欲しい場合は、“Can I have a receipt?”や“A receipt, please.”と伝えましょう。

トランクから荷物を出してくれない場合もあります。その時は、自分で取り出しましょう。トランクを開けてくれていないようなら、降りる時に、“Can you open the trunk?(トランクを開けてくれますか)”と声をかけてください。

最後に、”Thank you!”と降りておしまいです😊