【英語 | 中級】both A and B / either A or B / neither A nor B

【英語 | 中級】both A and B / either A or B / neither A nor B

《both A and B》《 either A or B 》《 neither A nor B》

の使い方について1つ1つ見ていきましょう。

 

both A and B     (AとBの両方とも)

◆It had a positive impact on both teachers and students. 

(それは、教師と生徒の両方に良い影響があった。)

◆Both my mom and dad are outgoing. 

(母も父も社交的です。)

 

㌽ both A and Bは複数扱いになるため、be動詞が続く場合はare/were 

一般動詞の現在形が続く場合はsのない原形の形になります。

 

either A or B  (AかBのどちらか一方)

★not either A or B (AもBもどちらも~ない)

◆Either you or your sister should do dishes. 

(あなたかあなたのお姉さんのどちらかが食器洗いをすべきです。)

◆I want to learn either English or Spanish. 

(英語かスペイン語のどちらかを学びたいです。)

 

㌽ either A or Bは単数扱いになるため、be動詞が続く場合は is /was

一般動詞の現在形が続く場合はsのある3人称単数の形になります。

 

neither A nor B (AかBのどちらも~ない)

◆He eats neither meat nor fish. 

(彼は、肉も魚も食べない。)

★He doesn’t eat either meat or fish. (上の文と同じ意味になる)

◆I want to learn neither English nor Spanish. 

(英語もスペイン語も学びたくないです。)

★I don`t want to learn either English or Spanish. (上の文と同じ意味になる)

(英語もスペイン語も学びたくないです。)

 

㌽ neither A nor Bは単数扱いになるため、be動詞が続く場合は is /was

一般動詞の現在形が続く場合はsのある3人称単数の形になります。

 

以上です。