【中上級】接続副詞を使いこなす!

【中上級】接続副詞を使いこなす!

今回は、接続副詞の使い方です。

接続詞と接続副詞の違いをまず復習しましょう!

【接続詞】

接続詞の例:because, although, since , until , after , before … 

I didn`t go running outside because it was raining this morning. 

(今朝は雨が降っていたので、外に走りに行きませんでした。)

接続詞を使って主節と副詞節ををつなげて1つの文にできます。

 

【接続副詞】

接続副詞の例: however, otherwise, besides,  therefore,  nevertheless

接続副詞の多くは、文頭に使われる。

Therefore, I agree with the idea. (したがって、私はその案に同意します。)

接続副詞は副詞ですが、前の文と後ろの文を意味的につなげることができます。

I had a stomachache. Nevertheless, I pretend not to have.  

(腹痛だったにもかかわらず、腹痛でないふりをした。)

●ピリオドの代わりにセミコロンを使うこともできます

He was tired; however, he helped me with my homework. 

(彼は疲れていましたが、宿題を手伝ってくれました。)

 

使える接続副詞

therefore

however 

moreover 

furthermore 

for example 

for instance 

otherwise 

nevertheless

besides 

similarly 

anyway

rather 

thus 

in fact 

in other words 

on the other hand