ドラマde英会話≪Northern Rescue≫③

ドラマde英会話≪Northern Rescue≫③

≪Northern Rescue≫というカナダのドラマを使って、使えそうなフレーズをピックアップしていきたいと思います。

≪Northern Rescue≫は、Netflixで見れます。家族、兄弟、友達同士の会話が多く日常会話の勉強になります。

今回は、エピソード1より、使えそうなフレーズや面白い表現を紹介していきます。

The first sentence

状況:娘さんがテストを受けられず、テストを受けられるか先生に聞いてみようかな…という会話からのお父さんの言葉です。

“Give it a shot. You have nothing to lose.”

(やってみなよ。失うものは何もないよ。)

give it a shot  = give it a try

ここでは、相手に対して言っていますが、自分で『やってみる!』と言ってもOKです。”I`ll  give it a shot!” (やってみる!)

You have nothing (あなたは何もない。) nothing= 何もない

You have nothing to lose.

You have nothing to be ashamed of.

(恥じることなど何もない。)

I have nothing to do.

(何もすることがない。)

The second sentence

状況:お父さんが妹に新しい挑戦について相談し、これ以上悪い状況はないのだからやってみよう!という気持ちになっているシーンです。

“It cannot get any worse, right? ”

(これ以上悪くはならないでしょ?)

worse = bad の比較級 (もっと悪い)  bad – worse – worst 

get を使って「~になる」 

・get better 良くなる ・get worse 悪くなる ・get hotter 暑くなる ・get colder 寒くなる ・get bigger  大きくなる ・get smaller 小さくなる

right?  でしょ?

何にでもつけられるし、単体でも使えます。

You are from Canada, right? (あなたはカナダ出身でしょ?)

Your sister speaks Spanish, right? (あなたのお姉さんはスペイン語話せるんでしょ?)

“That`s amazing!” (すばらしいね!)

“Right?”(でしょ?)