間違え易い英語: almost

間違え易い英語: almost

日本人の英語学習者が間違えがちな英語を紹介します。

英語を書くときや話す時に気を付けてみてくださいね。

今回は

almost の使い方

です。

almost (副詞)①ほとんど、大体 ②~しそうになる

今回取り上げるのは、①の意味です。

~*~*~*~

例えば、

almost 7 o`clock  (ほとんど7時)

almost  100%  (ほとんど100%)

のように使えますよね。

では、

「ほとんどの生徒」と言いたいときはどういいますか?

ちょっと考えてみてください。

~*~*~*~

Q. 生徒のほとんどが試験に合格しました。

これを英語にすると?

Almost student ???  (<- こうしてしまいがちなので注意です!)

~*~*~*~

正解例:

Almost all students passed the exam. 

ちなみにmost の場合、most students (ほとんどの生徒) と言えます。

 

↑ここで使われているalmostは、副詞なので almost students と名詞を説明することができません。

名詞にAlmostを付けたい時は、名詞の前にallを付けることを忘れずに~。

 

Almost all Singaporeans speak English.

(ほとんどすべてのシンガポール人が英語を話します。)