母語音声で目標言語字幕って、言語学習に役立つの?

母語音声で目標言語字幕って、言語学習に役立つの?

母語(または理解できる言語)の音声で

学習している言語(目標言語)の字幕を付けて映画やドラマを見る学習法を

紹介されている方がいたので、

試してみることにしました。

 

今まで、目標言語の音声で母国語の字幕や目標言語の字幕(CC)と言う学習法はよく聞きますが、目標言語の字幕というのは初めて聞きました。

 

半信半疑でしたが、とりあえず試してみることにしました。

 

ただ、

 

この方法をするためには、ある程度目標言語が読めなければなりません。

 

また、

 

この方法では、目標言語の音声が聞けないので、文章の組み立てや単語を学べる方法、ということでしょう。

なので、All-in-Oneという訳ではありません。

 

 

英語音声に韓国語字幕で映画を見てみました。

最初(2020年9月8日)の印象としては…

読むのが難しい…

 

 

ハングルを速読できるわけではないので、

気になった箇所は、画面を止めて読む感じです。

時間はかかりますが、確かに

「こういう言い方ができるのか!」

という、発見はありました。

 

 

中級以上の方の場合、耳で聞いて表現や単語の発見ができると思うので

どちらかというと、この方法は、文字が読める初級~中級くらいのレベルの方かもしれません。

 

 

英語学習者の方は、

日本語音声で英語字幕できちんと英語字幕の方に

意識を集中して追えれば、

色々な言い回しを復習できます。

やってみる価値はあります!

 

 

再び(2020年9月15日)、英語音声に韓国語字幕で見てみました。

1回目と同じように、気になったところを止めて

字幕を確認する形で進めました。

前回と同じように、表現の仕方の発見がありました。

ランダムに色々な表現がでてくるので

新しい表現を学んだり、忘れていた表現や単語を思い出すのに役立ちます。

 

 

母国語音声&目標言語字幕が言語学習の利点と欠点

<学習に使ってみて思う利点>

・目で見て文を確認できるので辞書で確認し易い。

・目で見て文を確認できるのでしっかり理解できる。

・映像があるので、その文を使う状況がはっきりわかる。

・新しい単語が出てきたときに後で学習するためにメモをとり易い。

 

<学習に使ってみて思う欠点>

・発音が確認できない。

・リスニングの練習ができない。

・字幕は、文字制限なので少し表現が変わってしまう。

 

 

やってみる価値はあります。

いつもの学習法に飽きた時に、ちょっと取り入れてみるといいかもしれません。

1.日本の映画に英語字幕をつける。

2.どんな時にどんな英語表現を使うのかを考えながら見る。

3.知らない単語(で、気になったもの)は、メモして復習する。

4.新しい表現(で、気になったもの)は、メモしておいてオリジナルの文を作ってみる。

 

いろいろ試して、言語学習を楽しみましょう~

 

無料ニュースレター

言語学習に関する情報を発信しています。

Please wait...

Thank you for signing up!

ご登録いただきありがとうございます!

 

Welcome letter will be sent to you shortly.

ウェルカムレターが届きますので、ご確認ください。