2002年ベトナム旅行記⑦

2002年ベトナム旅行記⑦

2002年7月21日

 

朝6時におばあちゃんの作ってくれた朝食をとり、近くのマーケットへ買い物へ。

すでに暑かった。砂漠のようなところもあって、びっくり。

おばあちゃんの朝食でいつもでるのは、ピーナッツを細かく砕いたものを塩と砂糖で炒めたようなふりかけ。

これが、甘じょっぱくって美味しい!ごはんにふりかけて食べると本当に美味しい!

 

▶▶▶

 

マーケットから帰ってきて2、3時間ほど昼寝をして、4時過ぎからみんなで海へ行った。

ビーチまではバイクで20分くらいだ。

私は、マイフイの女子高生の女の子の後ろに乗せてもらった。

片言の英語で一生懸命話しかけてくれた。

 

▶▶▶

 

海に着いて、びっくりした!

それは、たくさん人がいて、みんな洋服を着たまま泳いでいること!

水着を着て泳いでいる人をひとりもみなかった。

私もみんなに交じってノースリーブとバミューダパンツで泳いだ。

とっても不思議な感じ。

海水が生暖かくて気持ちよかった。でも、ものすごくしょっぱい。

今まで「海に洋服を着てはいる」なんて考えたことなかった。

しかも着替えはもってきていないので、みんなそのまま帰る。

暑いところだから、すぐ乾くらしい。不思議で面白い体験をした。

 

2002年7月22日

 

家や家の周りでぶらぶらして過ごした。

ご飯食べて、昼寝して、散歩して、だらだらして…。

ゆったり時間が過ぎる一日。

ベトナム語がしゃべれたら、もっとみんなと会話できるのに!

と少し悲しくなる時もあるけど、それは仕方ないね。

どうにか気持ちを伝えるように努力しよう。

 

▶▶▶

 

夜になると、少し涼しくなって気持ちがいい。

ちょっと沈んでた気持ちが、また穏やかになった。