【言語学習】スピーキング強化のためのアプリ活用法

【言語学習】スピーキング強化のためのアプリ活用法

「発音が覚えられない…」

「発音が上手くならない…」

「スペルで覚えているから、スペル通りに発音してしまう…」

という方はいませんか?

 

 

✋✋✋

実は、私自身なかなか中国語の発音や声調が覚えならないんです…

 

 

単語帳に中国語で書いてあると、

漢字に引っ張られてしまって、音が覚えられない…

ピンイン(アルファベットでの中国語の発音表記)も書いてみても、

アルファベットに引っ張られてしまって、音と声調が覚えられない…( ノД`)

 

 

これを改善するには、どうしたら良いのだろう?

 

 

そして、思ったことは↓

目で見ているから、音が覚えられない!! 💡 

 

 

では、

目で見ない単語帳とは…???

 

そう!!!

「音で作る単語帳」ですね。

 

 

そんなの無理か… 😥 

 

いいえ。

2020年の今は可能です! 😉 

 

単語帳アプリが使えます!

 

私が現在使っている単語帳アプリはAnkiです。 

 

単語帳アプリAnkiに音声を入れることができます。

普通は、日本語の意味の答えとして目標言語の文字と音声を入れる

という形をとっているのですが、

【音だけの単語帳】の場合は、

 

Front(表)に【音声】だけを

Back(裏)に【単語の意味と目標言語】を載せます。

 

 

音声は、自分の声ではなくて

オンライン辞書の音声を録音しています。

(何気にこの地味な作業が楽しいです♪)

 

そして、復習の際は、音だけを聞いて

意味を答えます。

 

 

文字を見ないで、音だけで記憶することで、

会話の際に、頭の中でピンインや声調を思い出そうとする必要がなくなります。

 

 

英語でも同じですね、どうしてもスペル通りに発音してしまったり、

アクセントの場所が思い出せない…

 

という悩みのある方は、ぜひ試してみてください!

 

 

無料ニュースレター

言語学習に関する情報を発信しています。

Please wait...

Thank you for signing up!

ご登録いただきありがとうございます!

 

Welcome letter will be sent to you shortly.

ウェルカムレターが届きますので、ご確認ください。