【言語学習】学習と知らずに行っていた英語学習

【言語学習】学習と知らずに行っていた英語学習

昔、英語学習と知らずに

行っていた英語学習を紹介します。

 

中学1年生の時にアメリカ人とカナダ人のペンパルを作りました。

勉強のためではなくて、「外国の子と友達になりたい!」という興味からです。

 

カナダ人のペンパルとは数カ月で文通が途切れてしまいましたが

アメリカ人の女の子とは

中学1年生の終わりから高校1年生まで文通が続きました。

(根気よく続けてくれた彼女に感謝です。)

 

きっかけは、何かの雑誌に載っていた

ペンパルを紹介する団体の記事でした。

 

もちろん、文通を始めた頃は

英語を学校で習い始めたばかりで

自分で文章を作ることなどできません。

「やさしい女性の英文手紙」

という本を買い

載っている例文をそのまま写したり、

単語だけ変えて書いていました。

 

例えば、

例文に「うちは4人家族。」

<My family has four members.>

と書かれていたら

 

<My family has five members. >

と書き換えて手紙に書く、とか。

(学習法:英借文)

 

自分が使えそうな文を探すのに夢中になっていました。

 

今でも手元にその本がありますが

例文が豊富で、使えるものばかりです。

本当にお世話になりました^^

 

辞書を使って単語を組み合わせると

英語で日本語の表現をしてしまう場合があります。

例えば、「夢を見ました。」を

I saw a dream. は、日本語のまま単語を英語にした文です。

英語では、see a dream という表現はないので

I had a dream. にしなければいけません。

 

正しい英文表現の単語を少し変えて文を作ることは

正しい表現方法を覚えることに繋がるのでお勧めです。

 

 

文通は、全く「勉強」という感覚がなく、

彼女からの手紙を辞書で引きながら解読(?)することが

毎回本当に楽しみでした。

 

今だとEメールやSNSで

外国の方と簡単にやり取りをすることができますね。

趣味が同じ相手とのメール交換は楽しそうです。

自分に合った相手を見つけられるかが鍵です。

 

もう1つ、中学生の頃はまっていたのは洋画です。

頻繁に映画館に行くことはできないので

ビデオ 😯 を借りて見ていました。

 

ほとんど英語は聞き取れませんでしたが、

英語の響きが好きで、字幕で見ていました。

そして、好きなセリフは真似していました。

(学習法:リプロダクション)

 

やっぱり好きなことは続けられますし

勉強と思わずに楽しめますよね。

 

今では簡単に動画も見れるようになったので

海外のYouTuberが英語で自分の好きなジャンルの

話しをするのを見ることもできます。

オンラインで英会話レッスンを受けたり

言語交換パートナーを見つけることもできます。

 

色々な学習法を試してみて自分の好きなものを

続けていくといいと思います。

レベルに合わせて学習法も変化していくので

つまらなくなってきたら

他の学習法に変えていく柔軟さも大切ですね。

 

では、今回はこの辺で。