【30日チャレンジ】目標言語で毎日15分30日間話すとどうなるのか。<③実施DAY6-10>

【30日チャレンジ】目標言語で毎日15分30日間話すとどうなるのか。<③実施DAY6-10>

30日間毎日15分目標言語で会話チャレンジ <DAY  6-10>

目標言語:中国語

スピーキングレベル:初級~準中級

先生に事前に連絡しておいたこと:

・スピーキング力を強化したい。

・会話をしながら、発音や文法の間違いを指摘してほしい。

・会話トピックは毎回自分で考える。

 

この記録の目的は、同じように「30日間毎日目標言語を話す練習をしてみたい」と思っている方に参考にしてもらうためです。また、迷っている方に30日間毎日続けるとどのような変化が起こるのか(または、起こらないのか)を見てもらえればと思います。 

 

DAY 6:【トピック】新年

感想:必要な単語のメモをしておいて、会話中に文章をなんとなく組み立てることができてきた。なんとなく組み立てることができれば、先生が正しい文法に直してくれるので、正しい文法を復習することができる。自分が組み立てた文章と先生の文章の違いを比べ、どこの組み立て方が間違えていたのかを正すと勉強になる。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:なんとなく、文章を組み立てられるようになってきた。 

 

DAY 7:【トピック】仕事

感想: 一方的に話すだけではなく、先生の簡単な質問に答えられるようになってきた。会話の内容も大切だが、それよりも多くの単語やフレーズを使ってみて、使い方が正しいかどうか先生に確認してもらう方が大切。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:簡単な質問が理解できるようになってきた。 

 

DAY 8:  【トピック】家族

感想:先生の使う単語は、使える単語が多い。メモをしておいて自分でも使えるように練習すると会話で使える。できるだけ、日本語を使わずに中国語を中国語で説明してくれる先生の方が、自分もできるだけ日本語を使わずに通そうと思える。この言い回しは、分からないけど、今のレベルではあまり使わないから学ばなくてもいいかな、という単語や文法は、後回しにした方が良いと思う。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:自分の使った単語が間違っていた時に、「その単語はどのように使えますか。」と中国語で聞きくことができるようになった。このようなフレーズは、先生との会話で何度も使えそうなので抑えておくと良い。

 

DAY9: 【トピック】初詣

感想:初詣に行ったことをトピックにしてみたが、日常生活で使わない単語が多いので、今の自分のレベルには合っていなかったと思う。気になった言い回しを使った例文をいくつか用意し、先生に確認してもらった。直された部分を確認すると、使い方が分かるので、先生の説明を聞く前に自分なりの文をいくつか作ってみて、確認してもらうと良い。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:レッスンの初めに、自分の決めたトピック以外のスモールトークができるようになってきた。あと、漢字を見ると(日本語でも)中国語発音を頭の中に浮かべるようになってきた。

 

DAY10: 【トピック】旅行

感想:初めての先生と会話をする時は、全然できない…と感じる。緊張しているからか、いつもよりも上手く話せない。落ち込まずに会話練習を続けよう。「できない…」と思うとモチベーションが下がってしまうので、自分ができるようになったところに目を向けるようにする。今回は準備していたトピック以外の話しになったので、難しかったが、このような練習も必要だと思う。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:中国語で相手に質問することができてきた。