【言語学習|英語】カランメソッドとは?

【言語学習|英語】カランメソッドとは?

イギリスで1959 年に考案されたというカランメソッドですが、

オンライン英語で取り入れている会社もあり、

よく耳にするようになりました。

 

実際に体験してみたことがないのですが、

カランメソッドがどのようなものか興味を持ったので、

callanのウェブサイトや体験者の感想を見て、

自分なりに、調べてみました。

 

カランメソッドは、自分のレベルに合ったテキストを使って

マンツーマンで先生の早口の質問に答えていく形の学習法で、

リスニングとスピーキングと瞬発力が向上するようです。

 

そして、すぐに答えるよう促されるので

母語に翻訳する暇がないため、母語に訳す癖を除き、

《英語脳》を鍛えられると言われています。

 

復習も大切にしていて、繰り返し練習することで

新しい単語や文法が身につくようです。

 

カランメソッドの4つの柱として、

次の4つが紹介されていました。

●先導された会話

●音読

●ディクテーション

●新しい語彙の紹介

 

 

≪良さそうな点≫

■どんどん質問されてどんどん答えるので

ずっと英語を聞いているか話している状態で集中できる。

 

■母語を全く介さないので、英語脳が鍛えられる。 

 

■文法、発音、単語の間違いは即座に直してもらえる。

 

■学習者だからといってゆっくり話さず、

早口で進めるため普通のスピードに慣れることができる。

 

■毎回新しい単語、新しい文法を紹介される。

 

 

楽しいか楽しくないかは、人によりそうですが、

話す・聞くの良いトレーニングになりそうです。

 

マンツーマンで正しい発音を聞き、発音する練習を続けることができたら、

耳と口が発音やリズムに慣れることができるだろうと思います。

 

ただ、できるだけ頻繁に一定の期間

やり続けることができるかどうかが、カギになりそうです。 

 

 

トレーニングを「楽しい!」と思える人には、伸びそうな練習方法ですが、

自分が話したいことを話したい!と思う方は、飽きてしまうかもしれませんね。 

 

私も、機会があれば体験してみたいと思います。

 

以上です。