【30日チャレンジ】目標言語で毎日15分30日間話すとどうなるのか。<⑤実施DAY16-20>

【30日チャレンジ】目標言語で毎日15分30日間話すとどうなるのか。<⑤実施DAY16-20>

30日間毎日15分目標言語で会話チャレンジ <DAY 16-20>

目標言語:中国語

スピーキングレベル:初級~準中級

先生に事前に連絡しておいたこと:

・スピーキング力を強化したい。

・会話をしながら、発音や文法の間違いを指摘してほしい。

・会話トピックは毎回自分で考える。

 

この記録の目的は、同じように「30日間毎日目標言語を話す練習をしてみたい」と思っている方に参考にしてもらうためです。また、迷っている方に30日間毎日続けるとどのような変化が起こるのか(または、起こらないのか)を見てもらえればと思います。 

 

 

DAY 16:【トピック】専攻

感想:選んだトピックが今の自分の実力には難し過ぎたため、事前に調べておく単語が多くなった。話のトピック選びには注意が必要だ。まずは、もっと身近なトピックを選ぶようにして、少しずつ難易度を上げていこうと思う。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:以前よりも難しいトピックに挑戦できた。

 

DAY 17:【トピック】故郷 

感想:他の先生と話したことのある内容をもう一度話した。すでに覚えている単語が多かった為、前回よりもスムーズに話すことができた。このように、何度か同じことを話すのはとても有益だと思う。前回の話した内容よりも詳しい内容を話すことができ、今後も話す機会がある。 

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:言葉に詰まる時間が前よりも短くなってきた。

 

DAY 18:【トピック】仕事

感想:最後に言いたいと思ったことがあったが、時間がなくて諦めてしまった。まだ言いたいことを即座にまとめてサッと言うことはできないので、そこを伸ばしていきたい。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:自分が事前に予習して使った単語は頭に残る。頭の中で繰り返して、会話に臨んでいるからかもしれない。復習として、自分が言ったことを思い出すと、さらに記憶に残る。

 

DAY 19:【トピック】食べ物 

感想:覚えていたと思っていた単語も会話になると出てこなかったり、発音が分からなくなったりする。まだ、自分のものにできていないと確認することができる。なんども思い出そうとすることで長期記憶に残る。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:まだまだ発音の改善が必要だが、少し伝わり易くなった気がする。

 

DAY 20:【トピック】自己紹介

感想:新しい先生に自己紹介をしてみた。今まで話したことのある内容をつなぎ合わせて話したので、考え込む時間が少なかった。また、発音が間違っているところを指摘してもらえたので、自己紹介の内容が向上したと思う。こんな風に何度も同じことを話していると、少しずつ慣れていき、自信がつく。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:質問されていることが、以前より理解できてきた。

 

言えることが増えてきたことが嬉しい。このように言える内容が溜まっていくことで、話せる幅が広がっていくのだと思う。以前は、どのように文を作ったら良いかわからなかったけれど、今は、「なんとなく、この並びなかな?」という感覚がでてきた。これは、それは週1回の会話練習では、全く持てなかった感覚なので、毎日練習することの大切さを感じた。