【言語学習】伸び悩みを感じて言語学習をやめたくなった時の対処法

【言語学習】伸び悩みを感じて言語学習をやめたくなった時の対処法

言語学習で伸び悩みを感じる時… ありますよね。

調子が良くて、上達していると思っていたのに、

ネイティブの方と話してみたら全然話せない…。

とか。

 

そんな時は、がっかりしてしまって、学習意欲も下がりますよね。

私も、思っていたより話せなくなってる…ということが多々あります。

 

そんな時に、「全然上手くならないからやめたい!」

と思ってしまうこともあると思うのですが、

ちょっと待ってください!

 

まずは、どうして自分が伸びていないと感じたのか、

以前はなぜもっと話せると思ったのか、

を考えてみてください。

 

例えば、

・言いたい単語が全然出てこなかった。

・言いたいことを文にできなかった。

・相手の言っていることが聞き取れなかった。

・相手に聞きとってもらえなかった。 

など、理由は色々あると思います。

 

実は、私も先日、

「言いたいことが全然文にできない!前より話せなくなってる!」

と感じました。 

 

そこで、どうしてそう思うのか、

本当に前より話せなくなっているのか

考えてみました。

 

そして、思ったことは、

前もそんなに話せていなかった^^

ただ、以前は、学習歴も浅く、学んだ単語だったりフレーズを使えると”通じた!できた!”

と感じることができたんですよね。

 

「前よりもできない!」と感じる要因は自分のスキル以外にもあります。

相手が前より自然なスピードで話してくれていたり、

以前に比べて、会話のトピックも少し難しくなっていたり…。

 

そして、私たちは、以前の自分のレベルを忘れてしまうので、

以前の自分と比べることはなかなか難しいです。

自分が伸びているかを実感するには、

目標言語で話す独り言の音声を定期的に録音しておいて比べたり、

先生にどこが伸びたかを尋ねてみたり、

フラッシュカードのリストの量や、使ったノートの数を振り返って

自信にするのがお勧めです。

 

それから、他の人とは比べないこと。 

人それぞれそ、言語を学ぶ目的や学習時間が違います。 

1日3時間言語学習に費やせる人と1日30分しかない人では違って当たり前ですよね。 

「あの人は、1年であんなに話せるようになったのに、自分は話せるようにならない…」

と思うこともあります。

 

でも、

その言語を学習する前の環境、現在の環境、1日に費やせる言語学習時間など

それぞれ違います。 

なので、他と比べることなく、自分のペースで自分の目標と目的を目指せばいいと思います。

 

言語学習をやめたいと思った時は、目的を振り返って、言語学習を始めたときから、

その目標にどのくらい近づいたかを振り返ってみてください。 

 

きっと、ここまで頑張ってきたのだから、「やめたらもったいない!」と思えるはずです!

 

Let`s enjoy our language-learning! 

 

以上です。