【言語学習】言語交換アプリTandemとは?HelloTalkとの違いは?

【言語学習】言語交換アプリTandemとは?HelloTalkとの違いは?

言語学習アプリTandemをご存じですか。

HelloTalkと同じく言語交換アプリです。

数百万人の使用者がいるそうです。

TandemとHello Talk の両方(無料バージョン)を使ってみたので

この2つのアプリを比べてみたいと思います。

 

Hello Talk の使い方については、以前の投稿で詳しく書いています。

こちらも見てみてください。

英語コーチが伝えたいHelloTalkのお勧めの使い方

 

まず、TandemですがTandemは承認制です。

 

顔写真を載せてプロフィールを作成したのちに

Tandemより承認されれば、利用を開始できます。

顔写真を入れずに風景の写真をアップした友達は

「プロフィールが承認されなかったのでやり直した」

と言っていました。

それから、年齢の開示も必須です。

 

HelloTalkはアイコンは動物でも風景でも何でも設定できますし、年齢の開示も自由です。

相手の情報が少ない分、通話などのやり取りを始めるまでに時間がかかるかもしれませんね。

 

Tandemは言語交換が主ですので、相手を探してチャットや音声通話で言語交換をします。

「今時間があるから誰かと目標言語で話したい」と思って、話せる人にとっては便利なツールです。

目標言語が初級レベルだとなかなか上手く使うのが難しいかもしれません。

私自身はチャット中心で使用しています。 

 

Tandemの通話は1度だけ体験してみましたが、

言語交換なので2カ国語(母語と目標言語)で話す必要があります。

事前に話す時間を決めておいたほうが2カ国語とも平等に話す練習ができて

良いのではないかと思いました。

 

年齢層としてはHelloTalk の方が若い方が多い印象です。

Tandemは自分でどのような年齢の人と繋がりたいかを設定できて

自分の年齢に近い方などの設定が可能です。

自分が設定した年齢層の方しか自分のコミュニティー欄に出てこないようになっているので

どのくらいの年齢層が多いかなどは感じませんでした。 

 

Hello Talkの良さは、ツイッターのように投稿ができるところですね。

自分の好きなことを投稿して

優しいネイティブの方が間違いを訂正してくれます。

HelloTalkはこの機能がとても良いと思います。

文章を書くだけでとても勉強になりますし

読んでくれる人がいると思うとちょっと頑張って書きますよね。

そして、それをネイティブの方が間違いを訂正してくれるなんて最高です!

 

真剣に言語学習をしたい人の割合は、

(個人の感想だと)Tandemの方が多いのかな?という印象です。

 

HelloTalk とTandemの個人的なお勧めの使い方は

HelloTalkをライティングとリーディング練習に

Tandemをコミュニケーションの練習に使えるといいかと思います。

Tandemを使って空いた時間にサクっと会話練習をするのが理想ですが

これは相手が合ってのことなので、なかなか難しいですよね。

もっと良い方法が見つかったら、紹介したいと思います。

 

 

以上です。

 

言語学習の無料カウンセリングをしてます。 

詳細はこちら