講師紹介

 

 

【所有資格

英検1級

TESOL(英語教授法)認定コース修了

Graduate Certificate of Counseling, Monash University, Australia
(Distance learning| 準修士課程カウンセリングコース修了)

JAOS認定留学カウンセラー

ESAC(R)認定 英語学習アドバイザー(プロフェッショナル・レベル)

Diploma de la Español Nivel Intermedio(スペイン語中級)取得

 

略歴

アメリカ・ネブラスカ州 高等学校 1年間 交換留学

アメリカ・カリフォルニア州立大学 国際関係学部 卒業

大学在学中にメキシコ・ケレタロ州 モントレー工科大学ケレタロ校にて1年間交換留学

2005年〜 大手児童英会話学校にて講師として勤務(幼児〜中学生を担当)

2006年〜 シンガポールに渡り10年間勤務。留学カウンセラーやイギリス系国際文化交流機関のカスタマーサービスを行う

2017年4月〜 英語講師

 

【趣味】

言語学習、旅行

現在も英語、スペイン語、韓国語、中国語を勉強しながら、様々な言語学習法を取り入れ、より多くの言語学習法や役立つ情報をみなさんにご紹介できればと思っています😊

 

 

はじめまして!

言語学習アドバイザー&英語コーチのMaiです。

アメリカ・カリフォルニア州の大学を卒業後、シンガポールの日系や外資系企業にて10年間勤務し、

帰国後は、小学生~社会人の方へ英語を教えてきました。

 

会話にはトレーニングと慣れが不可欠

私は13歳の時に英語に出会いました。今の子供達と比べるとだいぶ遅いスタートですね。

中学生の頃は、学校の試験の為の英語学習をしていたので、全く話せませんでした。 

英語は好きでしたし、英語の成績も悪くなかったのですが、

始めて行った海外旅行では、全く英語が聞き取れないし、緊張して言葉がでてこないことに驚きました。

今思えば、リス二ングのインプット量とスピーキング練習量が全く足りていないので当然ですよね。

 

例えば…関東の方が大阪弁を読んでも聞いても理解できるけど、

「では、大阪弁で大阪の店員さんに話しかけてみてください。」と言われたら、

どうでしょう?ほとんどの人が上手く話せないのではないでしょうか。

私は、考えるだけで緊張してしまいます。そして、全くできる気がしません。

つまり、言語も日々の≪トレーニング≫と≪慣れ≫が大切ということです。

 

どれだけ目標言語に触れられるかがポイント

よく外国語を学ぶには、「その言語が話されている国に行かなければいけない!」とか

「目標言語(学習中の言語)を話す恋人を作ると言語が上達する!」と聞きますが、

本当にそれが理由でしょうか?

 

英語圏に住んでいるから英語が話せるようになるわけではありませんよね。 

英語にたくさん触れるから英語が上達するんですよね。

または、恋人や友達と目標言語でたくさん話しをするから上達するんですよね。 

 

なので、やはりポイントはどれだけその言語に触れられるかです

そして、もう1つのポイントは間違えを恐れずに話すことだと思います。

 

ただ、「それが難しいんだよ!😡」

という気持ちも、よくわかります。

 

私も今までいくつかの言語を勉強してきたので

間違えを恐れずに話すことが難しいことは、痛いほどよくわかっています。

特に英語は、私達にとって学校の教科としてのイメージが強いため、

間違えることに抵抗があるのだと思います。

まずは、心を許せる友達や講師、言語学習仲間を見つけて、

その方と間違えを恐れずにどんどん話す練習をしてみてください。

 

コミュニケーションのための言語学習

自分自身の言語学習を通して「コミュニケーションのための言語」の習得についてずっと考えてきました。

言語を学ぶことは、他の国の人々の考えを知ったり、言語以外の文化を知るきっかけにもなります。

そして、可能性を広げてくれます。

 

コミュニケーションのための言語学習に才能は必要ありません

コミュニケーションのための言語学習に年齢は関係ありません! 

 

言語学習の成功の鍵は

・どれだけその言語に(楽しみながら)触れられるか

・どれだけモチベーションを維持して続けられるか

 

最後に

私もみなさんにとって、間違えを恐れずに練習できる相手になれたらと思っています。 

一緒に、言語学習のプロセスを楽しんでいきましょう!

 

言語学習コーチング、英語初級~中級レベルの会話コース等を行っています。

詳しくはサービスメニューをご確認ください。

 

~Contact / お問合わせ~

Email: info@intl-hub.net

Twitter: @intlhub2017