英語にしにくい日本語②「話題の映画」

英語にしにくい日本語②「話題の映画」

頭の中で日本語を作ってから英語に訳して言うのは、難しいですよね 😐

日本語に文に引っ張られすぎると、出てこない言いまわしも多いからです。

 

英語を話す時は、できるだけ言いたいことのイメージを英語にする!

といいです。

 

では、英語にしにくい日本語シリーズの2回目です。

 

今日の英語にしにくい日本語は…

「話題の映画」 🙂 🙂 🙂

どうでしょう?

すぐに英語にできました?

 

そのまま英語にしようとすると難しいので、まず意味を考える必要があります。

「話題」は、topic ですが、ここでの話題は少し違います。

 

「話題の映画」の「話題の」は、

「みんなによく話されている」という意味で考えると文を作り易いです。

 

形容詞として名詞の前に置く形
a much-talked-about movie

 

または、関係代名詞を使って後ろから説明する形
a movie which everyone is talking about

 

単純に「今人気のある映画」と言ってしまってもよいですよね。

「今週末は、友達と今話題の映画〇〇を見に行きます。」

“I`m going to the movie theater to see 〇〇, which is very popular in Japan now.” 

 

日本語で言いたい単語「話題の映画」がまず頭に浮かんだとしても

情報だけ残して、自分の言い易い言葉に直せるといいですよね

 

 

では、今回はこの辺で。

Have a great day!