【英語 | 中級】直訳できないコロケーション①

【英語 | 中級】直訳できないコロケーション①

コロケーションとは何でしょう?

 

コロケーションとは、よく一緒に使われる単語の組み合わせのことです。

コロケーションを覚えることで、会話の際に迷いがなくなります! 

 

例えば、

「傘をさす」と言いたいときに、「さす」という単語を頭の中で探そうとしてもでてきません。

日本語と英語で表現の仕方が違うからです。

 

英語だと

“I use the umbrella. ” “I open the umbrella.”などの言い方になります。

日本語の直訳に頼らずに英単語の組み合わせを覚えておくと、

「さす」と言う単語に引っ張られ過ぎて、言葉が出てこない…ということが減ります😊

 

他の例も見てみましょう。

 

①commit a crime  罪を犯す 

commit は、動詞として「~を約束する」「~に全力を傾ける」のような意味もあるので、

コロケーションを知っていないと中々出てこない組み合わせかもしれません。

他にも、commit an error  (間違いを犯す)

 

②meet the demand  需要を満たす

meet は、「出会う、会う」の他にも「~を満たす」という意味があります。 

他にも、meet the requirement (要件を満たす), meet the standard (基準を満たす)

 

③listen to one`s advice  ○○のアドバイスに従う(聞く)

「聞く」は英語でlisten / hear があり、どちらか迷いますよね。

忠告に従うという意味の「聞く」はlisten (to)を使います。

 

④kill time / pass the time 時間をつぶす 

 「つぶす」を直訳しようとするとsmash とか ruinが出てきてしまうかもしれませんね。

Kill は、良く知られている意味の他にも 「静める」「消す」という意味でも使われます。

painkiller (鎮痛剤)とか。

 

 

このように、いろいろ探してみると面白いですね。