ドラマde英会話≪Northern Rescue≫⑤

ドラマde英会話≪Northern Rescue≫⑤

≪Northern Rescue≫というカナダのドラマを使って、使えそうなフレーズをピックアップしていきたいと思います。

≪Northern Rescue≫は、Netflixで見れます。家族、兄弟、友達同士の会話が多く日常会話の勉強になります。

今回は、エピソード 2より、使えそうなフレーズや面白い表現を紹介していきます。

The first sentence

状況:イライラしているお父さんが「手伝えることがあったら言って」と言ってくれている妹に対して「君のおかげ(せい)でこんなことになった」と怒りをぶつけてしまった一言に対して妹の言った一言です。

What is that supposed to mean?” (イライラ)

(それはどういう意味?)

*相手が言ったことに対して不満があるときに言うフレーズ

What does that mean?(それはどういう意味?)

↑これは、実際に意味が分からないときにも使えます。

be supposed to … (~することになっている)

I am supposed to attend a meeting today.

(今日、会議に出席することになっています。)

The second sentence

状況:家族が困難を乗り越えて頑張っていこう!とお父さんが家族をまとめるために言った一言。

“We need to stick together no matter what life throws at us. “

(私達は何が起ころうとも協力し合っていかなくちゃいけない。)

stick together : (物と物が)くっつく/ 協力し合う

No matter what:たとえ何があっても

No matter what you do, I always support you.

(たとえあなたが何をしようとも、いつもあなたをサポートします。)

No matter what you say, I will do it.

(たとえあなたが何といおうとも、私はそれをやります!)