【中級】間接話法

【中級】間接話法

今日は、間接話法についてです。

まず、直接話法と間接話法の違いについてですが、直接話法は、鍵かっこを使って、誰かの言ったセリフをそのまま書く(言う)方法です。

【直接話法】

彼女は、「私は、泳ぐのが得意です。」と言いました。

➔ She said, “I am good at swimming.”

それに対して、誰かが言った言葉を自分の言葉に買えて言う方法が間接話法です。

【間接話法】

彼女は私に、泳ぐのが得意だと言いました。

➔She told me that she was good at swimming.

↑今日のフォーカスはこれです。

過去の話しをする場合、≪時制の一致≫を考える必要があります。

内容によっては時制を変えなくても良い場合があります。

論理的かどうかで判断しましょう!

例えば、母が≪眠たい≫と言った1分後に

弟に、「お母さんが眠たいと言ってた。」と伝える場合、

きっと”母”は今も眠たいので、Mom told me she is sleepy. で、

she was sleepy. にする必要はありません。

次の日に伝える場合は、Mom told me she was sleepy.

にする必要があります。

(例) 

★I told my sister that I had to go to the library after lunch.

直接話法に直すと?➡ I said to my sister, “I have to go to the library after lunch. “

★He told me that he wanted me to buy an umbrella for him.

直接話法に直すと?➡ He said to me, “I want you to buy an umbrella for me.”

≪練習問題≫

◇トム(Tom)は、去年、赤い車がほしいと私に言いました。

これを間接話法で英語にすると?

Last year, Tom told me that he wanted to have a red car.

 

Perfect! いろいろ文章を作って練習しててください。