【30日チャレンジ】目標言語で毎日15分30日間話すとどうなるのか。<⑦実施DAY26-30>

【30日チャレンジ】目標言語で毎日15分30日間話すとどうなるのか。<⑦実施DAY26-30>

30日間毎日15分目標言語で会話チャレンジ <DAY26ー30>

目標言語:中国語

スピーキングレベル:初級~準中級

先生に事前に連絡しておいたこと:

・スピーキング力を強化したい。

・会話をしながら、発音や文法の間違いを指摘してほしい。

・会話トピックは毎回自分で考える。

 

この記録の目的は、同じように「30日間毎日目標言語を話す練習をしてみたい」と思っている方に参考にしてもらうためです。また、迷っている方に30日間毎日続けるとどのような変化が起こるのか(または、起こらないのか)を見てもらえればと思います。 

 

 

DAY 26:【トピック】仕事

感想:自分が言ったことを先生が自然な文に直してくれた時に、いつも直されるところに気づけるようになったが、まだうまく使えないため、文章をたくさん作って感覚を掴めるようにする。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:シンプルな文から少し話者の感情をプラスする文を作るようになった。

 

DAY 27:【トピック】試験

感想:質問に知らない単語が使われていると、全く答えられない。知らない単語の発音を即座にキャッチにして、「○○は、何と言う意味ですか。」と自然に質問できるようになれば、中断せずに会話が流れるようになるので、分からない単語は質問する練習をしていく。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:新しい表現を学んだ。 

 

DAY 28:【トピック】言語学習の目的

感想:一通り自分で言いたいことを話してから、言いたかったけれど、言い方がわからなかったことを確認すると勉強になる。例えば、「仕事が忙しくなったので…」と言いたかったが、言い方がわからなかったので会話の中では、「仕事が忙しかった。だから…」言った。このように、言えなかったことをメモしておいて、後で、どのように言うべきだったかを先生に確認するとより勉強になる。 

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:以前より少しはやく文を作れるようになってきた。 

 

DAY 29:【トピック】日曜日の朝習慣

感想:自分で作った文が訂正されることが少なくなってきた。まだ複雑なことは言えないが、言いたいことをシンプルに言う練習はできてきた。声調はすぐに忘れてしまうので、何度も聞いて耳で覚えるしかない。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:自分で作った文が訂正されることが少なくなってきた。

 

DAY 30:【トピック】ギフト

感想:30日チャレンジ最後の日。中国語の語順がだいぶ掴めてきたと思う。30日前に比べたら進歩したようだ。まだまだ語彙力がないので言えないことも多い。週何度か話す練習をこのまま続けてみようと思う。

予習:事前に必要な単語を確認

復習:チャットボックスに書いてもらった単語を復習

進捗:今まで曖昧だった単語の使い方が理解できた。 

30日チャレンジを最後までやり遂げることができた。30日前に比べるとだいぶ上達したのではないかと思う。

 

結果と全体の感想はを次のブログ記事にまとめてみます。

よろしければ、そちらもご確認ください😊