【言語学習】リスニングが苦手だった私の会話練習法

【言語学習】リスニングが苦手だった私の会話練習法

初めてアメリカに行ったのは、高校時の交換留学のためでした。

アメリカに到着した時は、自分の英語の話せなさに愕然としました。

 

緊張して言葉がでてこない…

頭の中で文が作れない…

言ってることが聞き取れない…

 

 

ネブラスカ州の空港に到着してすぐにホストブラザーに

「マック行きたい?」と聞かれたみたいですが

何を言っているのか全くわからず

笑ってごまかしたシーンをはっきり覚えています。

(その後、マックに行ったので、多分そのことを

聞かれていたのではないかと理解しました。)

 

 

書いてくれたらわかるのに

言われてもわからない…

 

 

この日から長い長いリスニングとの戦いが始まります。

同意してくれる方も多いと思いますが

聞かれていることがわからないのは、本当につらいですえーん

 

 

何回言ってもらってもわからない時は

とりあえず

YesかNoを言ってしまうか、笑ってごまかす。

そして、その後暗い気持ちになる。

の、繰り返しです。

 

 

これが続くと、だんだん質問されるのが怖くなってきます。

学校で友達、先生、クラスメートと会話をしたいのに、

「また理解できなかったらどうしよう…」

「聞き返して、嫌な顔されたらどうしよう…」

と思うと不安でした 😥 

 

 

そして考えた結果

「先に話そう!」と思いました。

自分が言いたいことなら、練習しておけば言えるので

コミュニケーションがとれます。

何か質問される前に話すことにしました。

でも、すぐに頭の中で言いたいことを文にするほど

英語力がなかったので

 

 

毎朝学校の前に前日にあった出来事について

文章を作ることにしました。

わからない単語は辞書を引いて、読む練習もして

誰かに会ったら話せるように準備しておきました。

 

 

これは、かなり勉強になりました爆  笑

自分が話したい、身の回りのことを書くので

知らない単語も覚えられるし

「最終目標」は、作った文を話すことなので

発音を確認して、その文を暗記します。

授業が始まる前やランチの時に人に会うので

それまで頭の中で何度も繰り返し練習していました。

 

 

話しをした後、質問されて答えられない時も多々ありましたが

それは仕方ありません。

少しでも会話をすることが

その時の私にとっては重要なことでした。

 

 

↑これは、日本に居てもできる練習法です。

特に、初級の方にお勧めです!

日記を書いて、発音を調べて、暗記して。

誰かに、話す予定だとより練習する気になれるので、

英語コーチ、先生、言語交換パートナーや友達に

話すことを目的に作るとよいです。

 

 

初級のうちはインプットがとても大切だといいますが

より効果的にするために必要なのは

アウトプットのためのインプットです。

誰かに話すことを想像しながらインプットを行うとがお勧めです。

 

今回は、この辺で。