【言語学習】会話で使える瞬発力を鍛える

【言語学習】会話で使える瞬発力を鍛える

すべての言語学習者がぶつかる壁「瞬発力」については

何度か書いているのですが、

再度整理してみたいと思います。

 

 

=======

 

「ゆっくり考えれば文が作れるけど、会話中にすぐ反応できないんです…」

というご相談を受けることが多々あります。

 

やはり、多くの言語学習者が【目標言語を咄嗟に口に出す】

ことができないと悩んでいます。

 

自分自身の過去の経験と現在の言語学習を考えながら

よりよりトレーニング法を考えてみたいと思います。

 

【フレーズの暗記】

やはり、多くのフレーズを覚えておくと「サッ」と

言いたい時に文法を考えずに言うことができます。

 

驚いた時に⇒「わぁ、びっくりした~」

誰かの誕生日に⇒「お誕生日おめでとう。」

納得した時に⇒「なるほど。」

 

などの

相槌リアクションを覚えてしまいましょう!

リアクションは独り言でも言えるので、

「熱!」や「こわっ!」など口に出た時点で目標言語にする練習をするといいですね。

 

自分が普段日本語で使っている相槌を英語(または目標言語)だったらどのように言えるか、

まず調べてみるといいです。

 

“相槌”や“つなぎ言葉”、接続副詞は、

「知っていても慣れないと使いにくい….」ですよね。

すごくよくわかります。

 

英語初心者の時に

“You know… ”と話し出すのは、なかなか勇気が入ります。

でも、最初は心地よくなくても意識的に繰り返し使って

自然に使えるように慣れていくしかありません…。

 

 

自分自身の経験の話しをすると、

スペイン語がまだ初級レベルの頃、

Osea… (I mean… | ってゆーか、/つまり、) 

という単語を使いたいけれど、

なかなか使えなかったのをよく覚えています。 

最初は無理して意識的に使っていました。 

「この使い方であってるのかな…??」と不安に思いながら使っていました。 

すると、だんだん他の人が使っている時に

気づくようになりました。

それから、使い方に確信が持てるようになりました。 

そして、自分が日本語で話している時にも

「ってゆーか」と言いたいときに

頭の中に”O sea”という単語が浮かぶようになりました。

そして、意識しなくても”O sea”という単語がでてくるようになりました。 

 

自由に使えるようになるまでには、

このようなプロセスを踏んでいました。

 

最初の一歩の

「使い方が合っているかわからないけど、とにかく使ってみる」

というステップが一番勇気のいるステップであり、

一番大切なステップでもあります。 

 

 

「質問をされても

Yes|No 

で終わってしまって、会話が続かない!

Yes|Noの後に何か言って会話を続けたいのに…」

というお話もよく聞きます。

 

例えば…

“Would you like to eat out tonight? “

(今夜外食したいですか。) 

 

に対して

“Yes.”や”No.” だけで終わらせずに

その後に何かを付け加えたり、

もう少し長い会話にしたいですよね。 

 

やっぱり、フレーズや決まり文句を多く知っている方が

とっさに言葉がでてきます。 

 

“I‘d love to!”

(ぜひしたいです!) 

”I`d love to but I don`t think I can. ”

(したいのですが、できそうにないです。) 

“Sorry, maybe next time.”

(ごめんなさい、また次回に。)

“Yes, but it depends on what we are eating. ” 

(はい、でも何を食べるかによります。)

 

 

多くのフレーズや決まり文句を自分の引き出しに多く用意しておくと

そのまま使ったり、単語を入れ替えるだけでサッと使いやすいですね。

 

「でも、その「覚えて頭の中の引き出しに入れる」作業ができないんですよ!」

という方、ぜひ多聴・多読を学習に取り入れてみてください!

多聴・多読することで、多くの決まり文句や表現が身に付きます。

多読は、「~しながら」が難しいかもしれませんが、

多聴はそれが可能です! 

「ながら聞き」をたくさんして、パターンを覚えてしまいましょう! 

 

最後にもう1つ、

言語習得は、時間をかけて少しずつ伸びていくものです。 

気長に続けていくことが大切です。

楽しみながら続けていけば、絶対に伸びていきます!

 

今回は、以上です。

 

 

 

15分の無料言語学習カウンセリングを行っています。

ご興味がある方は、詳細をご確認ください。

 

「咄嗟に英語がでてこない。」

「単語が覚えられられない」

などのお悩みのある方は、ぜひお試しください。