【言語学習】自分の言語学習に責任を持つために必要なこと。

【言語学習】自分の言語学習に責任を持つために必要なこと。

みなさん、こんにちは!

言語学習アドバイザーと英語コーチのMTです。

 

先日、オンラインのレッスンを受けている時にふと思ったのですが

みなさんは自分の講師や言語交換パートナーとのレッスンを自分でプランしていますか?

 

最近はオンラインの語学レッスンも増え、

1回15分や、30分の短いプライベートレッスンを受けられるようになりましたよね。

 

プライベートレッスンでは生徒さんの希望に沿った

レッスンをしてくれる先生も少なくないと思います。

そんな時、みなさんならどのようなレッスンを依頼されますか。

 

これって、

「何を現在の目的としていて」

「どんな目標があって」

「いつまでに達成したいのか」

が明確でないと、なかなか計画しにくいんですよね。

なので、これらを明確にしておくことは必要不可欠です!

 

以前、「言語学習をやめたくなった時には

その言語を学習している目的と目標を振り返ると

モチベーションを維持できるので

目的と目標をはっきりさせておきましょう。」

ということを書きましたが

自分の学習を組み立てるためにも

目的・目標の明確化は役立ちます!

 

個人的に、私は最近

「言語学習は受け身ではなく、自分がやりたいことを先生に手伝ってもらうのが良い」

と感じています。

これは、グループレッスンでは難しいですが個人レッスンだと可能ですよね。

 

もちろん言語学習法などの知識がないと、学習法を探すだけで時間がかかってしまうので

先生やコーチ、アドバイザーと相談しながら進めるのがお勧めです。

 

正直な話、講師としては、自分が作成したレッスン計画を実行し

生徒さんのスキルが上がっていくのを感じるのは嬉しいですし、やりがいもあります。

ただ、自分が講師として教えたり、生徒として言語を学んだりする中で、

自分の学習に責任を持つことが大切だと強く思うようになりました。

 

言われたことをやるのではなく、

今の自分に必要な学習を考え、自分で学習を計画していくことが

自分の言語学習に責任を持つことにつながるのだと思います。

 

もちろん、目的によってはグループレッスンが合っている場合もあります。 

グループレッスンは、同じような目的を持つ仲間と共に楽しみながら行える利点があります。

大切なのは、生徒さんの目的、目標そして、期限です。 

 

 

 

最後に、今までに私が生徒として行ってきた又は生徒さんに依頼されたレッスン例です。 

 

・テーマを決めて話しをし、先生に間違っている文をチャットボックスに正しく書いてもらう。

・記事を音読をし要約した後、先生と内容について会話をする。 

・テーマに沿って文章を書き、先生に添削してもらう。 

・先生に文章を読んでもらって録音し、その音声を聞きながら何度も練習し発表する。

・短い文をいくつも作成し、先生に文法や単語の使い方を確認してもらう。

・目標言語の音声を聞きディクテーションをしておき、聞き取れなかった箇所を先生と一緒に確認する。

 

 

少しでも参考になれば嬉しいです。 

今回は、以上です。

 

 

 

15分の無料言語学習カウンセリングを行っています。

ご興味がある方は、詳細をご確認ください。

 

「咄嗟に英語がでてこない。」

「単語が覚えられられない」

などのお悩みのある方は、ぜひお試しください。