【中級】副詞+否定の文

【中級】副詞+否定の文

副詞と否定が1つの文にあるとき、副詞とnotの場所を迷いますよね。

副詞をまたはnotをどこに置くのが正解か見てみましょう。

例文:

①I am happy.  

(私は、うれしくありません。)

②I am not happy.

(私は、うれしくありません。)

③I am not always happy.

(私は、いつもうれしいわけではありません。)

④I am always not happy. 

(私は、いつもうれしくありません。)

 

③のnotは、always(いつも)を否定している。

④のnotは、happy(うれしい)を否定している

 

他の例文でも見てみましょう。

① I don`t really like tomatoes. 

(私は、トマトがそれほど好きではありません。=まあまあ) 

② I really don`t like tomatoes. 

(私は、トマトが本当に好きではありません。=嫌い!)

 

①のnot(don`t)は、really like を否定している。

②のnot(don`t)は、 likeを否定していて、reallyは、don`t likeを強めている。

 

どうでしょう?だんだん納得できてきましたか?

では、例文を最後にもう1つ。

 

①My cat  is extremely cute.

(私の猫は、非常にかわいいです。)

②My cat is not extremely cute.

(私の猫は、非常かわいいわけではありません。)

③My cat is extremely not cute.

(私の猫は、非常にかわいくないです。)

 

【次に来る形容詞や副詞を強調する副詞】

very / so / really / definitely / extremely / surely / absolutely / perfectly など

 

結果:

副詞と否定(not)の位置は、文の意味によって変わる