【英語|中級】全体否定と部分否定

【英語|中級】全体否定と部分否定

今回は、全体否定と部分否定の違いを見ていきたいと思います。

まず、全体否定は「全く~ない」のように完全に否定していて、

部分ひていは、「全く~というわけではない」のように部分的に否定している事をいいます。 

では、色々と例を挙げてみましょう。 

 

I don`t swim at all

(私は全く泳ぎません。) 

↑これは、「泳ぐ」を完全に否定しています。

 

I don’t often swim. 

(私はあまり頻繁には泳ぎません。) 

↑これは、部分的に否定しています。 「頻繁に、よく」を否定しているので、

「頻繁ではないけど泳ぐ」という意味で、泳ぐことを否定しているわけではありません。

 

None of the students passed the exam.  

(すべての生徒が試験に合格しなかった。)

↑全員落ちました。全体否定ですね。None of the students = 0人の生徒

 

Not all students passed the exam. 

(すべての生徒が試験に合格したわけではない。)

↑落ちた生徒もいたんですね。

「all」を部分否定していますね。Not all students = すべての生徒ではない

 

He is not always angry. 

(彼はいつも怒っているわけではありません。)

↑always(いつも)を否定しています。 not always = いつもではない

 

He is never angry.  

(彼は全然怒りません。)

↑いつも怒らない場合にはalways ではなくnever(全く~ない)を使うといいですね。

 

He is tall, but he is not good at basketball at all. 

(彼は背が高いが、バスケが全然上手ではありません。)

↑not … at all で全体否定しています。

 

He is tall, but he is not necessarily good at basketball. 

(彼は背が高いが、必ずしもバスケが上手とは限りません。) 

↑完全に否定しているわけではない。necessarily(必ず、必ずしも)を部分否定しています。 

 

 

否定語が何を否定しているかを見つけることが大切ですね。

今回は、以上です。

 

 

 

15分の無料言語学習カウンセリングを行っています。

ご興味がある方は、詳細をご確認ください。

 

「咄嗟に英語がでてこない。」

「単語が覚えられられない。」

「話す機会の作り方がわからない。」

 

など、言語学習に関するお悩みのある方は、ぜひお気軽にお声がけください。