翻訳をやめて目標言語で考える How to think in your target language

翻訳をやめて目標言語で考える How to think in your target language

翻訳をやめて学習中の言語(目標言語)で考えることは、言語学習者にとって良いことなのか、また、どのようにしたら母語を通さずに目標言語で考えて話すことができるのかを考えていきます。

Let me share what I think about thinking in the target language without translating from your native language, and how you can do so.

まず、外国語を話す時に、母語から翻訳しても良いか、すべきでないかは、母語と目標言語との距離によります。

First of all, I think whether it is OK to translate your native language or not depends on the distance between your native language and target language. 

例えば、英語と日本語は、とても違う言語です。文章の構成から全く異なっているので、日本語で考えてから英語に翻訳して話すことはとても難しいです。

For example, English and Japanese are very different.  As  sentence structure is different, it is painful to translate your original sentence to the target language while speaking. 

一方で、日本語と韓国語や英語とスペイン語は似ています。そのため、初級者~中級者が母語を頼りながら目標言語を話したとしても、混乱して話せなくなることは少ないはずです。もちろん、自然に目標言語で考えられることが理想ですが。

Whereas Japanese and Korean (English and Spanish) are similar, so even though the learners use their native language to make a sentence as a help, they should not be too confused by it. Of course, it would be better if you could think directly in the target language, though. 

このような理由で、特に母語や流暢に話せる言語から遠い言語を学ぶ場合には、母語に頼らずに目標言語を使って文を組み立てることをお勧めします。

Thus, if your target language is very different from your native language, I recommend making sentences without using your native language or the language you can speak fluently. 

では、どうやって?

So, how? 

母語で文を作ると、複雑な文を作ってしまいがちです。それは、止めましょう。母語で作った複雑な文を目標言語に翻訳しようとして、「言語は難しい」「自分には向いていない」と思ってしまっていませんか。目標言語を使って、シンプルに考えてみましょう。

When we make a sentence in our native language, we tend to make a complex sentence. Don`t do that. You are making it more difficult than it should be. Let`s make it simple. Think directly in your target language. 

フレーズやチャンク(かたまり)で覚えてしまうことがお勧めです。

You suggest you memorize phrases and chunks. 

例えば、”It looks easy! (簡単そうに見えます)!”  を覚えてしまえば、口からすぐに言葉がでてきます。そして、「難しそう見えます」もIt looks easyの easy の部分をdifficult に代えれば言えますよね。

For example, if you memorize the phrase「簡単そう!(It looks easy!)」, you can say it without translating in your head.  And if you know the phrase 簡単そうalready, you can say “it looks difficult” by changing the adjective 簡単to 難し(い). 

このように、使えるフレーズを貯めていき、新しく学んだ単語を埋め込むようにすると言えるフレーズが増えて行きます。

Like this, you increase the phrases you can say without thinking too much about grammar and embed new words into those phrases. In this way, you can expand your phrases. 

頑張れる方へのお勧めのフレーズ&チャンクの覚え方は、こちらです。

リピーティング➔シャドーイング➔音読➔録音➔暗唱

To those people who are eager to learn a language I recommend the following methods. 

Repeating -> shadowing -> reading aloud -> reciting 

1つの会話文を使って暗唱まで行ければ、その文の中のフレーズやチャンクが身につきます。

If you could memorize a dialogue, you will be able to utilize those phrases and chunks in it. 

シャドーイング方法がわからない方は、こちらから↓

If you do not know how to practice shadowing, read this first↓

実践中のシャドーイング練習 My shadowing practice

メルマガでは、言語学習者に役立つ情報を発信しています。よろしければ、ご登録ください。

In my newsletter, sharing useful information for language-learners. If you like, please subscribe to my newsletter by typing your email address below. 

無料ニュースレター

英語学習に関する情報を発信しています。

Please wait...

Thank you for sign up!ご登録いただきありがとうございます!