【言語学習】英語を英語で考えるべき理由と方法

【言語学習】英語を英語で考えるべき理由と方法

英語を英語で考えて話すためには、英語で考える習慣が必要です。

 

ここでは、目標言語を英語として

英語脳を作るべき理由と鍛え方についてシェアしたいと思います。

 

以前、【初級】英語脳の作り方という記事を書いたので

まだ読んでいない方は読んでみてください。

 

 

まず、英会話をする際に英語で考えた方が良い理由は何でしょう?

 

 

母語(日本語)で考えてしまうと…

 

◇口に出すまでに時間がかかる。

当たり前ですが、頭の中で日本語で文章を作ってから

英語に翻訳すると時間がかかります。

特に、日本語と英語は語順が全く違うので

処理しなければいけないことが多く、疲れてしまいます。

 

例えば、

「たくさん本を読むことは、学生にとってとても重要です。」

と言いたい場合には、

A lot of books / reading / for students / very important

が頭に浮かんだとしても

また、パズルのように組みなおさなければなりません。

It is very important for students to read a lot of books.

これを頭の中で瞬時に行うのは大変です。

 

◇直訳になり違和感がでる。

〔日本語の単語=英語の単語〕ではないので、

日本語の文を英訳して話そうとすると、直訳になってしまいます。

 

例えば、

自己紹介の後に付け加えられる↓

「これから、どうぞ宜しくお願いします。」

これを英語にするのは難しいです。

英語にする場合、何をどうしてほしいのかを明確にする必要があるので

I look forward to working closely with you. 

(一緒に働くのを楽しみにしています。)

のようになります。

 

◇訳が思いつかないと、フリーズしてしまう。

あれ、この訳なんだろ…と1つの単語を頭の中で探してしまい、

他の言い回しにスイッチできなくて止まってしまいます。

 

では、どのように英語脳(英語を英語で考える力)は

どのようにトレーニングすればよいでしょう?

 

いくつかご紹介してみます。

 

独り言練習 

・毎日少しでも英語で考える時間を作る。最初は単語からでもOK。

 イラストや動作をみて瞬時に英語に直せるといいですね!

 

決まり文句や言い回しを覚える(チャンク)

・自分の引き出しからすぐ出して単語を変えて使えるように練習する。 

 チャンク(言葉の塊)のストックを増やしておく!

 

リーディング(多読)

・ほとんど理解できる本を多く読む。

だんだん、読む時間を速くしていくことで英語で理解するようになる。

すでに内容を知っている本を読むこともお勧めです。

 

英語で何かをする時間を作る

・スマホの機能を英語にする、英語で調べモノをする、等。 

・クロスワードパズルや文字の並びを変える”Unscramble Letters”ゲーム、等。

 

 

多読は、スピーキングやリスニングにも効果があります!

1日30分の目標言語の読書時間を習慣にしてしまうと、絶対に効果があります!

ぜひ始めてみてくださいね。

 

では、今回はこの辺で。

Have a great day!