【準中級】チャンク(塊)で覚えよう!英語スピーキングのコツ⑤

【準中級】チャンク(塊)で覚えよう!英語スピーキングのコツ⑤

英語をチャンク(かたまり)で覚えておくと、使いたい時に頭の中の引き出しから出して、使いやすいです。

例えば、「はじめまして」と言いたいときに”Nice to meet you.”と口からすぐに出てくる感じです。

「チャンクで覚えよう!英語スピーキングのコツ④」をまだ読んでいない方は、そちらもチェックしてみてください♪

【準中級】チャンク(塊)で覚えよう!英語スピーキングのコツ④

今回も、チャックで覚えるフレーズを5つご紹介します。

 

① To be honest with you, (正直に言うと)

To be honest with you, Mr. Tanaka helped me with the project. 

(正直に言うと、田中さんがプロジェクトを手伝ってくれました。)

 

② If I were you, (もし私があなただったら)

If I were you, I would take the job offer. 

(もし私があなただったら、その仕事のオファーを受けるだろうな。)

If I were you, I would call her. 

(もし私があなただったら、彼女に電話するだろうな。)

 

③ at least (少なくとも)

My sister loves reading. She reads at least seven books a week. 

(私の姉(妹)は読書が好きす。1週間に少なくとも7冊は読んでいます。)

*at least の反対は、at most(多くとも)

 

④ at most (多くとも, せいぜい

We can pay $100 at most

(私達は、多くても100ドルしか払えません。/多くて100ドルまで払えます。)

It`ll take 30 minutes at most. 

(最大でも30分くらいしかかからないだろう。/せいぜい30分くらいだろう。)

 

⑤ the second biggest… (2番目に大きい〇〇)

What is the second biggest city in Japan?

(日本で2番目に大きい都市はどこですか。

 

以上の5つです。

使ってみてください(^▽^)/

 

無料ニュースレター

英語学習に関する情報を発信しています。

Please wait...

Thank you for sign up!ご登録いただきありがとうございます!