【言語学習】単語をかたまり(チャンク) で学ぶ利点

【言語学習】単語をかたまり(チャンク) で学ぶ利点

 

英語(英語以外の言語も同じ)で自然に話すためには、

先に頭の中で日本語の文を作らないことが大切です。

 

そのためにできる方法の1つに単語をかたまり(チャンク)で

覚える方法があります。

 

短い表現であれば、そのまま覚えてしまいます。

もう、すでにかたまりで覚えてしまっている表現も多いですよね。

 

例えば…

 

Nice to meet you. 

See you later. 

Have a good day! 

 

などです。

 

このようなフレーズは文法を考えなくても

サラっと口からでてきますよね。

 

このようなフレーズをたくさん頭の中にストックしておくことで

すぐに取り出して使うコトができます 😛 

 

決まり文句を暗記したり

よく使われる言い回しを覚えて

単語だけ入れ替えると

多くのコトを表現することができます。

 

例1

I am sorry for

「~してしまってごめんなさい(すみません)。」

を覚えておいて 

for 以下を変えるだけで、色々表現できます。

 

<for の後に名詞>

I am sorry for the mistake. 

「間違えてしまってすみません。」

I am sorry for 

 

<for の後に動名詞>

I am sorry for calling late at night. 

「遅くにお電話してしまってすみません。」

 

<for の後にbeing +形容詞>

I am sorry for being late. 

「遅れてしまってすみません。」

I am sorry for being lazy. 

「怠けてしまってごめんなさい。」

のように使えます。

 

例2

I was surprised at … :~に驚いた。

I was surprised at the news. 

そのニュースに驚いた。

 

I was surprised to (動詞):~して驚いた。

I was surprised to hear the news. 

そのニュースを聞いて驚いた。

 

このように使える単語のかたまりを

多く持っていることで日本語を介さず

言いたいことを

瞬時に英語にすることができます。

 

毎日1つか2つずつ

チャンクを増やしていくのはどうでしょう 🙂 

 

では、今回はこの辺で。