【言語学習】習慣化のための環境を作ってしまおう!(朝編)

【言語学習】習慣化のための環境を作ってしまおう!(朝編)

言語学習は、少しでも毎日行った方が良いと思っています。

ここで言う言語学習とは、意識的に目標言語に触れるコトです。

 

毎日目標言語に触れるべきだということはわかっていても、

自分の意思で毎日目標言語に触れることは難しいですよね。

 

「今日は疲れてるから…」「ゲームしたいなぁ…」という気持ちになり 

気が付いたら何日も目標言語に触れていなかった!

ということに、なりがちです。 

 

なので、毎日その言語に何かしらの形で触れる環境(システム)や習慣を

作ってしまうことをお勧めします。

そして、目標言語に触れるまでの手間をできるだけ省いておくことも大切です。 

 

今回は、朝の行動に絞って目標言語に触れられる環境や習慣作りのアイディアを

シェアしてみたいと思います。

 

起きてすぐ

朝起きてすぐにその日の単語チェックをする。

Ankiなどのフラッシュカードアプリだと

毎日その日に確認すべき単語が自動で出て来るので

自分で単語を選ぶ手間が省けます。 

出てきた単語を自分が覚えているかどうか確認するだけです。 

この作業は5分~10分で終わるので

朝起きてすぐにベットの上で行う習慣にしてしまうといいですね。 

 

≪参考≫

単語帳アプリ(Anki) を使った”音のフラッシュカード”

 

朝食&家事

朝ごはんを食べる時や後片づけの時間を使って

ポッドキャスト(無料)を聞くのがお勧めです。

目標言語で放送されているポッドキャストが難しい場合は

学習者の為に作っているチャンネルを聞くのもいいですね。  

音声だと”ながら聞き”ができるので家事や他の作業をしている時に

同時に行えるが便利ですよね。

特に家事の最中にはポッドキャストを聞きながら、

聞こえてくる音を真似してシャドーイング(のようなこと)をすると更に◎です。 

極力ポッドキャストを聞くまでのハードルを下げるために

事前に好きなチャンネルを選んでおいて 

「あとはスタートを押すだけ!」にしておけるといいですね。

 

 

通勤中

通勤中は、できることがたくさんありますね。

例えば…

・言語学習アプリ (Duolingo, Busuu, など)

・リスニング

・読む(本・オンライン記事・SNS)

・独り言(運転・徒歩・自転車)

・日記or作文(スマホのメモ・SNS) 

これも、いつもやることを決めておいて飽きるまで同じことを続けるといいですね。 

習慣化することが大切です!

 

このように、(ほぼ)毎日絶対にする行動と言語学習を組み合わせておくと

言語学習を習慣化することができます。

全ての隙間時間を言語学習に使うことは難しいと思うので

まだやっていない方は、まず1つから始めてみてはいかがでしょう(^▽^)/