【英語 | 初級】be 動詞の使い方をマスターする

【英語 | 初級】be 動詞の使い方をマスターする

Be動詞(be/am/is/are/was/were)の使い方をマスターしましょう!

 

【Be動詞の種類】 

be動詞の原形:  be

be動詞の現在形と過去形

現在 過去
②am ⑤was
③is
④are ⑥were

 

絶対におさえるポイント:

・主語が「I(私)」の時だけ amを使う。他の組み合わせはない!

・主語が「I」と「you」以外で1人または1つの場合、isを使う。

・主語が「you」か2人または2つ以上の場合、areを使う。

・am とisの過去はwas 

・are の過去はwere 

 

*クイズ*

◆(  )の中に入るbe動詞は?主語に合わせてbe動詞を入れてみてください。現在形か過去形かの確認も忘れずにっ。

1.I  (          ) Japanese.  私は日本人です。 

2.   Ken (           ) tall.   ケンは背が高いです。 

3.My brothers (            )  good at playing the piano. 私の男兄弟はピアノを弾くのが上手です。 

4.My mother and I (               ) at home this morning. 私と私の母は今朝家にいました。 

 ↓

(答え)

1. am  2. is  3. are 4. were 

 

 

【be動詞の使い方】

ここから、be動詞はどのような文に使われるのかを詳しく説明していきます。

 

1)A=B「Aは、Bです。」(B: 名詞、形容詞)

A=Bの関係が成り立つ時に ≪I am B≫ や≪A is B≫の形で使われます。

・Emily is American. (Emily=American)  エミリーはアメリカ人です。

・I am a teacher.  (I=a teacher) 私は先生です。

・She is kind. (She=kind) 彼女は親切です。

・They are students. (They=students) 彼らは学生です。

 

2)存在を表す「Aは、Bに居ます。あります。」

・I am at home.  私は(I)、家に(at home)  います (am) 。

・My smartphone is on the table.  テーブルの上に私のスマホがあります。

*スマホが1つなのでbe動詞は 「is 」が使われています。

*ちなみに、もし上の文の主語が My smartphones (複数形のsがついている)の場合は、

2つ以上なのでbe動詞は「are」になります。 

・Tom is at the library now.   トムは図書館に居ます。

・A cat is in front of the shop.  その店の前に猫が居ます。

・We were in Tokyo yesterday. 私たちは昨日東京に居ました。←(過去形ですね。)

 

まだここまでのbe動詞の使い方に不安がある方は、今日はここまででOKです。

たくさん例文を作って練習してみてください。

そして、ここまでしっかり理解出来たら戻ってきてください😊 

 

 

3)現在&過去進行形の形を作る時

be動詞+動詞の現在分詞(-ing)

I am watching TV now. 私は今テレビを見ています。(現在進行形)

They are studying English. 彼らは英語を勉強しているところです。(現在進行形)

He was having dinner when I called him last night. (過去進行形)

私が昨夜電話した時、彼は夕食を食べているところでした。

 

*ここからは準中級です。

4)受動態(受け身)の形を作る時

Be動詞+動詞の過去分詞(-ed|不規則動詞 例 broken, eaten, taken…

English is spoken in Singapore. シンガポールでは英語が話されています。

This book was written by Souseki Natsume. その本は夏目漱石によって書かれました。

 

 

【be動詞の原形(be)はいつ使う?】

①助動詞の後ろ

I will be there soon. (すぐそこに行きます。) 

She must be Emily.  (彼女はエミリーに違いない。)

You should be nice to me.  (あなたは私に優しくすべきです。)

*助動詞の後には必ず動詞の原形が来るので、be動詞の場合はbeを使います。 

 

 

②to不定詞を作る時 

To be honest, I don`t really like it.  =(to 不定詞)

正直なところ、私はそれがあまり好きではありません。

I want to be a singer.  =(to 不定詞) 

私は歌手になりたいです。

 

 

③be動詞を使った肯定否定の命令文

Be brave!  勇敢になれ!

Don`t be mean.  意地悪しないで(直訳:意地悪にならないで)。

Be honest.  正直になって。

*beのあとに形容詞または名詞を置きます。

 

その他: Let it be. | Let`s be cool. など…

他にももっとbeを使う文を探してみてください。

 

 

今回は、以上です。

 

 

無料の言語学習カウンセリングを行っています。

ご興味のある方はぜひご連絡ください。

詳細は、こちらです。