【英語 | 初級】文に話し手の気持ちを吹き込む助動詞

【英語 | 初級】文に話し手の気持ちを吹き込む助動詞

英語学習をし始めた頃、日本語の語尾が英語とは全く違うので戸惑いました。

「~かも」とか「~のはず」という話し手の気持ちはどこに入れればいいの?と。 

今回は、私の同じように思われている方に向けて

助動詞を使って「気持ち」の入れ方を見てみましょう!

 

ではまず、日本語について。

日本語の場合、話し手の気持ちを最後に表しますよね。

例えば…

このサラダ、すごく美味しいね!

このサラダ、すごく美味しそう

このサラダ、すごく美味しいかも

このサラダ、すごく美味いはず

このサラダ、すごく美味しいに違いない

とか。

 

では、英語ではこの気持ちをどこで表現すればいいでしょう…

1つの方法として、助動詞が使えます。

 

助動詞の例: 

will / can / may / would / could / might/ should / must … 

 

助動詞を使う時に覚えておくべきポイントは、

①助動詞は「動詞を助ける」ということで動詞のすぐ前に置く。

②助動詞の後の動詞は動詞の原形。

です。

 

このように、助動詞は文の前の方に置くので

一番最後に来る日本語と違って

主語の直後に「…かもしれない」「…のはずだ」

を入れなければなりません。

 

なので、頭の中で日本語で文章を作ってしまうと

英語に直すのに時間がかかってしまいます。

「もっと野菜を食べるべきだよ。」

を英語にするとすると

↓ ↓ ↓

more / vegetables / eat / should

 

英語を話す時には

あなた⇒すべき⇒何を 

彼ら⇒かもしれない⇒何を 

のような順で考えるトレーニングが必要ですね。

 

また、日本語は”主語”を省略することが多いので

主語を忘れてしまいがちです。

最初に名詞を置くのを忘れずに。

↓ ↓ ↓

あなた/すべき/食べる/もっと/野菜

You / should / eat / more / vegetables. 

 

ちなみに「~だね!」「~だよね?」は付加疑問文を使って文末に付けられます。

It is hot today, isn’t it? 

She looks happy today, doesn’t she?

 

今回は、以上です。 

 

【ワークショップのご案内】

2021年11月20日(土)午前9時から言語学習初心者の方に向けて

パラレルリーディング・ルーティンの無料ワークショップを行います。 

興味のある方は、こちらを確認してみてください↓

【無料Workshop】MT`s パラリーディング・ルーティン・ワークショップ