【英語発音】音節を意識すると発音し易い

英語発音

音節を意識すると発音し易い

 

英語の発音で気を付けることは、いくつかありますよね。

 

・単語の発音

・1つの単語の中のアクセント(stress)

・文の中での強弱

・文全体の抑揚(intonation)

・リズム

・リエゾン(リンキング、リダクション)

など。

 

その中でも最近特に重要だと感じているのが

【音節(syllable)に注意すること】です!

 

スポンサーリンク

音節に注意する

音節とは、母音を中心とした1つの音のまとまりのコトです。 

例えば、<big><hat>は1音節です。 

つまり、これらは1つの音ということです。 

<big>を、日本語のように<ビック>と発音してしまうと

2音節(2つの音)になってしまいます。

拍手で表してみると、

big =👏  ビック=👏👏 と2拍になります。 

 

母音の上に強調(アクセント・stress)があると考えてしまって

発音するのを難しくしてしまっている方がいるかもしれません。

そのような方は音節は1つの音と考えると発音し易くなるはずです。

 

●英単語<exactly>を例に見てみましょう。

ex・act・ly は、3音節です。

そして、2音節目にアクセントがあります。 

  👏

👏 ↑ 👏 

イメージは、こんな感じです。

 

音節は、紙の辞書でのオンライン辞書でも大体載っているので

簡単に確認することができます。 

ex・act・ly

↑このように、点で音節を分けている辞書も多いです。 

確認してみてください。

 

最近、「音節に注意してみたら」とアドバイスしたところ

発音が劇的に良くなった生徒さんがいたので

学習者の方によっては、音節を意識することで

一気に英語の発音がし易くなるのではないかと思い

紹介してみました!

 

スポンサーリンク

発音練習法

もう1つ、発音強化のための練習方法を紹介たいと思います。

まず、輪ゴムを用意してください。

右手と左手でゴムを持ち横に引っ張ります。

文節1つに付き1回横に引っ張ります。

そしてアクセントのある文節の時により強く引っ張ってください。

 

例えば<big>だと文節が1つなので

輪ゴムを横に1回引っ張って戻しながら発音してみます。

ちょっとやってみてください。

 

どうでしょう?

発音し易くないですか?

では、次に<difficult>はどうでしょう。 

dif-fi-cult は3音節で3音節目にアクセントがあります。

なので、輪ゴムを3回引っ張ります。

そして3回目により強く引っ張ります。

 

どうでしょう?

ちょっと練習してみてください。

 

少しでも参考になれば嬉しいです!

今回は以上です。

 

15分の無料言語学習カウンセリングをしています。

ぜひお気軽にお申込みください(^▽^)/

英語発音
スポンサーリンク
International Hub 英会話

コメント

  1. […] 【英語発音】音節を意識すると発音し易い […]

タイトルとURLをコピーしました