【言語学習】パターンプラクティスとは?

【言語学習】パターンプラクティスとは?

今回は、パターンプラクティス(Pattern Practice) について書きたいと思います。 

 

【パターンプラクティスとは?】

パターンプラクティス・パターン練習とは、

元の文の時制を変えたり、主語を変えたり、肯定否定を変えたりして

色々な文の形を練習する方法です。 

 

例えば、こんな感じ↓

//////////////////////////////////////////////

 

■基本の文

I like cats. 

(私は猫が好きです。) 

という基本文があったら、その文を変えていきます。

 

■主語を変える 

He likes cats.

(彼は猫が好きです。) 

We likes cats. 

(私達は猫が好きです。)

 

■時制を変える 

I liked cats. 

(私は猫が好きでした。)

 

■否定文に変える

I don`t like cats. 

(私は猫が好きではありません。)

 

■疑問文に変える 

Do you like cats? 

(あなたは猫が好きですか。)

 

■単語を変える

I like dogs. 

(私は犬がすきです。)

 

■助動詞を加える

I might like cats. 

(私は猫が好きかもしれません。)

 

///////////////////////////////////////////////

【効果】

⇒自分の中でいろいろなパターンが出来てくるとリスニングをする時も
相手が使う言い回しが予測できるようになる。 

⇒予測できるようになることでリスニングの理解がし易くなる。

⇒自分がまだ即座に使えない形を知ることができ、練習になる。

 

パターンプラクティスだけでは事務的でつまらなくなってしまうので

たまにする練習として言語学習に取り入れられるといいですね。

 

 

15分の無料言語学習カウンセリングを行っています。

ご興味がある方は、詳細をご確認ください。

 

「咄嗟に英語がでてこない。」

「単語が覚えられられない。」

「話す機会の作り方がわからない。」

 

など、言語学習に関するお悩みのある方は、ぜひお気軽にお声がけください。